Jリーグ観察記BACK NUMBER

Jリーガーが欧州の主力選手に。
“第2のハセベ”はどこにいる? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byMasahiro Ura

posted2010/01/07 10:30

Jリーガーが欧州の主力選手に。“第2のハセベ”はどこにいる?<Number Web> photograph by Masahiro Ura

2009年のナビスコ杯決勝で25mの先制弾を決めMVPとニューヒーロー賞を獲得したFC東京の米本は、今年最も注目すべき選手の一人だろう

 長谷部誠に会うたびに、思うことがある。Jリーグの主力クラスなら、誰でも欧州で活躍しうる時代に突入しようとしている、と。

 今、日本サッカーのレベルを測るサンプルとして、最もふさわしいのはヴォルフスブルクの長谷部だろう。日本代表の主力ではなかったJリーガーが、渡欧からわずか1年半でドイツ王者になり、今季はチャンピオンズリーグに出場した。

「みんなこっちに来たら、『こんなものか』と思うはずですよ」

 これが長谷部の率直な感想である。

欧州で成功するために必要な3つの能力とは何か?

 筆者がこれまで10人以上の欧州組を取材してきて感じたのは、日本人選手はテクニックの基準はクリアしているということだ。フィジカルの弱さをよく指摘されるが、これはほとんど慣れの問題なので、欧州に飛び込んでしまえばクリアできるものだ。

 欧州で成功するには、次の3つの能力が鍵になると、個人的には分析している。

  1. スピード

  2. 日欧のサッカーの違いを正しく見抜く力

  3. 自分のスタイルを変える柔軟性

 もし足が速ければ、多少の弱点は補うことができる。また、「裏に飛び出してもパスが来ない」といったサッカーの“文法”の違いをきちんと理解し、スタイルを変える柔軟性を持っていれば、かなりの高い確率で活躍できるはずだ。

 おそらく今のJリーグには、たくさんの“第2のハセベ”が眠っている。大変おこがましいのだが、上の3つの条件を意識しながら、ブンデスリーガで通用するであろう11人を'09年のJリーグから選んでみた。また、柔軟性という意味で、すでに完成した選手ではなく、未完成の選手を優先した。システムはブンデスリーガで標準になりつつある4-2-3-1にしよう。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  この11人がブンデスリーガで通用する“第2のハセベ”だ!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
長谷部誠
米本拓司

ページトップ