リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

不振に喘ぐレアルで繰り広げられる、
モウリーニョ対GMの“仁義なき戦い”。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2011/02/11 08:00

不振に喘ぐレアルで繰り広げられる、モウリーニョ対GMの“仁義なき戦い”。<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

チェルシーの監督時代は、経営陣と選手補強を巡ってたびたび衝突し、結局チームを自分から去ることになったモウリーニョ

「逆転は不可能」

 1月30日、レアル・マドリーがオサスナに敗れ、首位バルセロナとの勝ち点差が7に広がったことを受け、スペインのメディアはこのような論調を強めている。

 昨年11月29日の直接対決でバルセロナが5-0と圧勝したのに加え、22節終了時点の得失点を見ても、バルサの70得点・11失点に対し、レアルは52得点・19失点と、明らかな差がある。“スペシャル・ワン”モウリーニョをもってしても、バルサの安定した強さを上回るチームを作れずにいるという事実が浮き彫りになっている。

 そういう苦しい状況に置かれていても、モウリーニョはレアルにポジティブな変化をもたらそうとしている。

 それは、GMバルダーノをチームから遠ざけることである。

現場の最高権力者を巡る、GMと監督のつばぜり合い。

 フロレンティーノ・ペレス会長の右腕として前回の銀河系時代からチームを仕切ってきたバルダーノは事実上、現場の最高権力者だった。昨季開幕前にはペジェグリーニ監督が必要な戦力と訴えたスナイデル、ロッベンらを独断で放出。スナイデルからは「レアル上層部にはマフィアがいる」と毒づかれた。

 監督の意向を無視して選手の獲得や放出を決めるバルダーノとモウリーニョが上手くいくのかという疑問は、モウリーニョの監督就任当時からあったことだったが、二人は表面的には協力体制にあることをアピールしてきた。

 しかし、それも長く続かなかった。

 昨年末からイグアインの負傷離脱によって“FW不足”を主張したモウリーニョはいち早く強化部に補強を要請。記者会見でも再三、新規FW獲得が急務であることをアピールし、強化部にプレッシャーをかけ続けた。

 だが、バルダーノら強化部が動き出したのは冬の移籍マーケットが開く直前で、モウリーニョが獲得を希望していたと言われるポルトガル代表ウーゴ・アウメイダやボスニア代表エディン・ジェコは早々に他クラブに獲得されてしまった。

 後手を踏んだことで、本人もレアル復帰を希望したファン・ニステルローイのレンタル移籍も失敗した強化部は、最後の手段としてマンチェスター・シティで戦力外となっていたアデバヨールを獲得した。

【次ページ】 補強に失敗したGMをモウリーニョ監督は公然と非難した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
ジョゼ・モウリーニョ
ホルへ・バルダーノ

ページトップ