ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

クロアチア、死闘制し20年ぶり4強!
モドリッチ&ラキティッチこそ心臓。

posted2018/07/08 11:45

 
クロアチア、死闘制し20年ぶり4強!モドリッチ&ラキティッチこそ心臓。<Number Web> photograph by Getty Images

ロシア戦のマンオブザマッチに輝いたモドリッチ。試合後には子どもたちと喜び合う愛くるしい光景も。

text by

杉山孝

杉山孝Takashi Sugiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 死闘と言えるほどの激しい戦いだった。すべてを出し尽くした120分間、さらにPK戦の末に、クロアチアが20年ぶり2度目の準決勝進出を果たした。

 世界がうらやむタレントを誇る、バルカン半島の「バトレニ」(クロアチア語で炎の意)。その中心にいるのは、やはりこの2人だ。

 ルカ・モドリッチと、イバン・ラキティッチ。

 普段はレアル・マドリーとバルセロナという、世界的ライバル関係の一角を担う才能だ。

 中盤の底に並んでスタートした2人のうち、まず存在感を見せたのはラキティッチである。

 立ち合いで、ロシアは格上相手の常套手段として、まずは噛みついてきた。

 これ以上ないほどに引いて守ったラウンド16のスペイン戦とは打って変わり、スタンドの大声援を受けて前線から猛然とプレスをかけてきた。オフサイドではあったものの、先にシュートまで持ち込んだのはロシアだ。

攻守に勘所を押さえたラキティッチ。

 そんなホスト国に対して、「格」を見せつけたのはラキティッチだった。後方でのボール回しから一転、パスコースを消すロシアの最前線の2人の間へ強引にドリブルで割って入る。この力強い関門突破から、左への展開、さらに大きなサイドチェンジへとプレーがつながり、アンテ・レビッチのチーム初シュートへとつなげた。このプレー以降、ロシアのプレスは落ち着いた。

 ラキティッチは、守備でも勘所を押さえる。その一端が、13分のロシアのカウンターへの対処に現われた。ロシアの攻めの基準点となるアルテム・ジュバにボールが入ったが、ドマゴイ・ビダと連係して、ライン際でプレーを遅らせ、味方が自陣に戻る時間を稼いで、決定的な形に持ち込ませなかった。

【次ページ】 モドリッチのハートに火をつけたプレー。

1 2 3 NEXT
ルカ・モドリッチ
イバン・ラキティッチ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ