Number PLAYBACKBACK NUMBER

アンリが驚嘆するムバッペの素質。
「とても19歳には見えない成熟だ」

posted2018/06/14 16:30

 
アンリが驚嘆するムバッペの素質。「とても19歳には見えない成熟だ」<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

ロシアW杯に臨む“レ・ブルー”の背番号「10」を、チーム最年少でつけることになっているムバッペ。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Mutsu Kawamori

圧倒的なスピードで敵の守備を切り裂くプレースタイル、
若くしてフランス代表のエースと期待されるキャリア。
似た特徴を持つアンリとムバッペは、いつも比較される。
かつて世界の頂点に立った先輩は、後輩の姿をどう見るか。
W杯を前に、Number946号(2018年2月15日発売)の記事を全文掲載します!

 フランス代表は長い間、新しいティエリ・アンリを求めていた。2000年前後、ジネディーヌ・ジダンの時代にフランス代表の前線に君臨した絶対的エース。アンリはクラブレベルでもフランス代表でも一時代を築いた、フランスが世界に誇れるフォワードだった。

 しかしアンリが代表を退いてからというもの、フランス代表の前線に、彼の後を任せられるような選手は出てきていなかった。カリム・ベンゼマも、オリビエ・ジルーも、アンリの記憶が焼きついたフランス人には、どこか物足りなく映った。

 しかし近年、国民が期待を抱く若きアタッカーがようやく頭角を現してきた。

 アントワン・グリーズマンとキリアン・ムバッペ。

 国民が今夏のロシアで最も期待をかけるコンビだ。

EUROでの準優勝に「期待は持てる」。

 1998年、ジダンとアンリのいた夏に掲げたフランス代表最後のワールドカップ。20年を経て、彼らは母国を再び栄光に導けるのか――。

 2年前に行なわれたEUROでのフランス代表の躍進を、アンリは今も複雑な気持ちで思い出す。「何よりも運がなかった」とアンリは振り返る。

 自国開催での決勝で、フランスはポルトガルに延長戦の末に敗れた。

「ポジティブだったのは、未来に向けて希望は持てる大会だったということだ。特に攻撃面ではグリーズマンが貴重なゴールを決めてくれた。中でも大一番の準決勝ドイツ戦で決めた2点は、今も国民の記憶にしっかりと残っている。ロシアでも、チームの鍵を握るのはグリーズマンになるのは間違いないだろう」

 グリーズマンは、フランス代表では4-2-3-1のトップ下としてプレーすることが多い。役割としては、アンリの時代で言えばジダンのような10番的存在になる。もうひとり、アンリが点取り屋として期待するのがムバッペだ。

【次ページ】 「落ち着いていて、知性を感じる」

1 2 3 4 NEXT
キリアン・ムバッペ
ティエリ・アンリ
パリ・サンジェルマン

ページトップ