Number PLAYBACKBACK NUMBER

アンリが驚嘆するムバッペの素質。
「とても19歳には見えない成熟だ」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byMutsu Kawamori

posted2018/06/14 16:30

アンリが驚嘆するムバッペの素質。「とても19歳には見えない成熟だ」<Number Web> photograph by Mutsu Kawamori

ロシアW杯に臨む“レ・ブルー”の背番号「10」を、チーム最年少でつけることになっているムバッペ。

「私と比べられるがムバッペはムバッペ」

「確かに、よく昔の私と比べられる。でもムバッペはムバッペだ。プレッシャーも何も感じず、彼の道を歩んでほしい。きっと素晴らしいキャリアになると思う。また、2000年頃の私とダビド・トレゼゲのコンビを、ムバッペとグリーズマンに見る人もいる。ただ、あの頃とは時代が違う。単純に比較することはできない。私の時代は、試合が現在ほどスピーディじゃなかったからね。私やトレゼゲ、あるいはジダンと比べることはできない。ポジションとしては、確かに似ているけれどね」

 ムバッペと、サポートする役割が期待されるグリーズマンを見るとき、アンリは時代の変化を感じるという。

「グリーズマンは前線ならどのポジションでも対応できるし、9番としても、両サイドでもプレーできる。ただ、私だったらグリーズマンはトップ下で起用する。代表でジルーの後ろ、アトレティコ・マドリーでジエゴ・コスタの後方でプレーしてきたようにだ。ムバッペもいわゆる9番タイプではないし、近年は生粋のストライカーは減る一方だ。

 主要国の前線を見ても、昔ながらのストライカーは数えるほどしかいない。ハリー・ケインとジルーくらいだろうか。中盤にも下がれて、サイドに開いてスペースを作り、守備でも貢献できるタイプの選手が重宝される時代だ。ボールロストしたらできるだけ早く奪いかえすというのは、アタッカーにとって、もはや常識になっている」

アンリが期待する7カ国は?

 ロシア・ワールドカップについて、アンリが期待している国はフランスを含め、7カ国ある。

「ドイツ、スペイン、ブラジル、アルゼンチン、イングランド、そしてベルギーだ。今大会も、強豪国は前線に魅力的なアタッカーを並べている。ドイツのトーマス・ミュラー&ティモ・ベルナー。イングランドのケイン&ラヒーム・スターリング。スペインのジエゴ・コスタ&アルバロ・モラタ。ブラジルのネイマール&ガブリエル・ジェズスに、アルゼンチンのリオネル・メッシ&ゴンサロ・イグアイン。私はベルギー代表でコーチをしているが、エデン・アザール&ロメル・ルカク、それにケビン・デブライネの3人も強力だ。さて、どのコンビがワールドカップを持っていくのか」

【次ページ】 コーチとしてベルギーを躍進させる!

BACK 1 2 3 4 NEXT
キリアン・ムバッペ
ティエリ・アンリ
パリ・サンジェルマン

ページトップ