サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

トゥーロンで見つけた次世代の才能。
三好康児は堂安のライバルになるか。

posted2018/06/10 07:00

 
トゥーロンで見つけた次世代の才能。三好康児は堂安のライバルになるか。<Number Web> photograph by Getty Images

三好康児はトゥーロン国際大会で10番をつけて奮闘。チームは7位に終わったが2ゴールで結果を残した。

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 トゥーロン国際大会、トーゴ戦試合前日のこと。ここまで3試合を消化してきたにもかかわらず、疲れを見せずにハツラツとしたプレーを見せる三好康児の姿があった。

 そんな三好に「今大会、1点だけでは物足りないか」と問うと、一瞬ニヤリと笑って言い切った。

「得点は取れるだけ取りたい。1試合1点ぐらいの気持ちで決めたいと思っているし、ここまでもチャンスは毎試合あった。そこの1本を決めるか、決められないかのところで、個人的な実力を示さないといけないと思っている」

 5月末から開催されたトゥーロン国際大会。U-21日本代表は準決勝進出を果たせず、7/8位決定戦に回り、アフリカ勢のトーゴ戦に臨んだ。

トーゴ戦の決勝点は鮮やかなチップキック。

 この試合で決勝点を挙げたのは、他でもない三好だった。川崎フロンターレU-18の1学年下の後輩にあたる三笘薫からのパスを、利き足とは逆の右足で受ける。すると華麗に相手の背後にボールを置き、前に出てきたGKをあざ笑うかのようなチップキックでゴールへと流し込んだ。

 有言実行。自身の実力を証明しようと息巻いていた試合で、得点という目に見える結果で応えてみせた。

「自分が得点を取ることで、チームを勝利に持っていけたことは嬉しい。こういった試合をもっと増やしていきたいです」

 昨年末、三好は1つの大きな決断を下した。育成年代からプレーしてきた川崎フロンターレを一度離れ、今季から期限付き移籍で北海道コンサドーレ札幌に加入したのだ。

 その理由は明白だ。いまの自分に必要なものは、チャンピオンチームで経験を積むこと以上に、何より試合に出ることだと感じたからだ。

【次ページ】 「試合数が必ず欲しいものだった」

1 2 3 4 NEXT
三好康児
堂安律

ページトップ