サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

トゥーロンで見つけた次世代の才能。
三好康児は堂安のライバルになるか。 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/10 07:00

トゥーロンで見つけた次世代の才能。三好康児は堂安のライバルになるか。<Number Web> photograph by Getty Images

三好康児はトゥーロン国際大会で10番をつけて奮闘。チームは7位に終わったが2ゴールで結果を残した。

「試合数が必ず欲しいものだった」

「自分がこの先、成し遂げたい目標に向かっていく上で“試合数”というのが必ず欲しいものだった。そこは求めたいものだったので、自分の中で考えた末に決めました」

 決して簡単な決断ではなかった。それでも「サッカー選手としてすごく人生を左右する」移籍を、三好は確かな覚悟を持って選んだ。試合に出ないで川崎に帰るわけにはいかない。試合に出て成長することしか考えていなかった。

 札幌のサッカーには素早い順応を見せている。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の信頼を得て開幕戦で先発の座をつかみ取ると、リーグ戦で5位と好位置につける主軸として存在感のあるプレーを披露。チームに欠かせない選手へと成長している。

 厳しい戦いに身を投じ、試合に出続けたことで見えてきたものがいくつもある。

「ここまで連戦だったこともあって、その中でのコンディション作りや体作りの重要性です。それを経験することで課題として見つかっている。でも、それは嬉しい課題。まだまだ足りないところもいっぱいあるけど、そこは試合に出ないと感じられないところですから」

川崎と違う札幌のサッカーで得たもの。

 また、これまで在籍していた川崎とは異なるサッカーに触れたことも、三好にとって明確な糧となっている。

「自分のやりたいプレーはあるけど、今まで自分がやってきたチームとはなかなか違う。ただ、札幌も今年からボールを握っていこうという感じだし、逆に札幌のストロングポイントもあるので、そこに自分がどう合わせていけるか。そこで自分がどんなプレーを出していけるかを意識しながらやっています」

 札幌での経験を経た三好からは、自信が備わり、ひとつひとつのプレーや姿勢に変化が見られる。そして、それが代表にも生きている。

【次ページ】 相手を出し抜く“これぞ三好”。

BACK 1 2 3 4 NEXT
三好康児
堂安律

ページトップ