サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

植田直通、身体能力任せからの脱却。
傾けるようになった耳とガラガラ声。

posted2018/05/31 07:30

 
植田直通、身体能力任せからの脱却。傾けるようになった耳とガラガラ声。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

植田直通のこれまでのパフォーマンスが「身体能力だけ」だとしたら、頭を使った彼はどれほどのDFになるのだろう。

text by

池田博一

池田博一Hirokazu Ikeda

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 武闘派。植田直通を評するとき、必ずついて回る言葉の1つだろう。

「1対1は僕の強み。相手をおさえ切ることが何よりの楽しみ」

 試合中の流血もしばしば。恐れず立ち向かう姿勢に、チームメイトはむしろ「流血した方がすごい」と冗談交じりに言うほどだ。

 それもそのはず、もともとテコンドーに夢中だった。中学時代に日本一となり、世界大会に出場したほど。「とにかく相手を倒すことが楽しかった」という。この経験で身体能力と集中力が培われた。

 本格的にサッカーを始めたのは高校1年から。類い稀な身体能力を見込まれ、継続的に年代別日本代表に選出される。U-17W杯出場、AFC U-23選手権優勝、リオデジャネイロ五輪では不動のレギュラーだった。

試合後、植田の声がかれている。

 武道の精神は、試合後の取材エリアでの応対にも表れる。声をかけられれば必ず立ち止まり、背筋を伸ばして一人一人丁寧に受け答えをする。

 そんな植田が、ここ1年、試合後の取材エリアでかれた声でしゃべるようになった。

 1つの転機があったから。

「ナオ(植田)の負けん気がほしい」

 チームメイトであり、ともにセンターバックを組む昌子源は言う。負けず嫌いの集まりとも言えるプロの世界で、その気持ちの強さは仲間からも一目置かれる。

 加入3年目の2015年、チームはヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ)で優勝。その光景をスタンドから眺めていた植田は、喜ぶチームメイトの輪に本当の意味で加わることができなかった。

「本当は良くないことだと分かってはいるんですが、素直に喜ぶことができませんでした。自分がそのピッチに立つことができなかった。それが、本当に悔しかった」

【次ページ】 できなかった、人に話を聞くこと。

1 2 3 NEXT
植田直通
鹿島アントラーズ
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ