サムライブルーの原材料BACK NUMBER

40歳間近の俊輔が語る「衰え」。
メッシと、昔の自分と、今の自分。

posted2018/02/18 09:00

 
40歳間近の俊輔が語る「衰え」。メッシと、昔の自分と、今の自分。<Number Web> photograph by Getty Images

ジュビロ磐田への移籍は驚きだったが、あっという間にチームの中心になったこともそれ以上の衝撃だった。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 中村俊輔はオッサン化しない。

 今年6月に40歳になるというのに、若手と同等、いやそれ以上によく走る、よく練習する。

 ジュビロ磐田の鹿児島キャンプ。雄大な桜島をバックに、ネックウォーマーを帽子代わりにしてコンディションを上げていく中村がいた。

 まあ体型はスリムだし、まあいつ見ても肌ツヤがいい。10年前と比べたところで、そこまで大きくは変わらない。

 でも一番、何が変わらないかって、向上心である。

 夕食前、Numberで不定期連載中の「サッカー覚書」のインタビュー前にも、部屋でリオネル・メッシの映像を見ていたという。

「4-4-2(の2トップ)になっても、メッシは異次元すぎる。ボールをいっぱい触れる反面、相手に削られることも多くなった。それでも楽しそう。アドレナリン全開って感じ」

 参考にもならないほどの異次元ぶりと言わんばかりに、彼は大きなタメ息をつく。そうやっていつも成長のタネを探しているのも変わらない。

俊輔が「衰え」について語ること。

 2カ月前のこと。

 これまでの連載をまとめて単行本にするため、シーズンを終えたタイミングでカバー写真の撮影を行った。

 来年40歳になる。

 撮影の合間にそう振ると、「衰え」の話になった。

「技術はやり続けないと衰える。だからそこを食い止める作業をやっていかないといけない。体力もそう。若いときに比べたら、どうしても回復が遅くなる。そこに抵抗していかないと。

 もし思ったように体が動かないとなったら、ボールタッチ数は少ないかもしれないけど、状況判断のいいプレーで勝利に持っていくとか、そういう抵抗もある。でもそこで大切になるのがメンタル。ここが一番、衰えちゃいけない」

【次ページ】 「今の自分は何ができて、何ができないか」

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
中村俊輔
リオネル・メッシ
ジュビロ磐田

ページトップ