サムライブルーの原材料 

3度の大ケガ、リハビリ、引退危機。FC東京・米本拓司、絶望からの帰還。

3度の大ケガ、リハビリ、引退危機。
FC東京・米本拓司、絶望からの帰還。

サムライブルーの原材料

倒れたら、起き上がる。プレースタイルも、そしてサッカー人生も。それがFC東京の背番号「7」を背負う米本拓司である。続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/07/18

140戦連続フル出場より大事なこと。いまだ鉄壁、中澤佑二の鉄の意志。

サムライブルーの原材料

140戦連続フル出場より大事なこと。
いまだ鉄壁、中澤佑二の鉄の意志。

彼からすれば、特別な夜ではなかった。横浜F・マリノスの堅守を支える中澤佑二は、7月1日のアウェイ、大宮アルディージャ戦でJ1… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/07/05

欧州で最もゴールを決める日本人。ハーフナーの独善的FW論が面白い。

サムライブルーの原材料

欧州で最もゴールを決める日本人。
ハーフナーの独善的FW論が面白い。

ゴールを奪う。その一点を指標に置くならば、オランダの4シーズン半で51点を稼いでいるハーフナー・マイクは欧州でプレーする日… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/06/29

正GKに限りなく近い男、東口順昭。「永嗣さんはでかい存在」でも……。

サムライブルーの原材料

正GKに限りなく近い男、東口順昭。
「永嗣さんはでかい存在」でも……。

GKのポジションはたったひとつしかない。一席をめぐる「序列」が変わるのは、そう何度もあることではない。滅多に訪れない変化期… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/06/07

細貝萌、絆創膏に秘めていた決意。柏加入はJ復帰ではなく「挑戦」。

サムライブルーの原材料

細貝萌、絆創膏に秘めていた決意。
柏加入はJ復帰ではなく「挑戦」。

細貝萌の手のひらに、小さな絆創膏が貼られてあった。帰国からまだ1週間も経っていない。7年ぶりにJリーグに復帰し、柏レイソル… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/04/16

キャプテン+10番は海外以上の挑戦。横浜FM・齋藤学が担う「俊輔の後」。

サムライブルーの原材料

キャプテン+10番は海外以上の挑戦。
横浜FM・齋藤学が担う「俊輔の後」。

望みどおりにならなければ、別の望みをつかむ。今オフ、海外移籍を模索した齋藤学はマーケットが閉じた後、横浜F・マリノスとの… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/02/23

中村俊輔加入に心躍らせ磐田へ。川又堅碁「脱・しょぼぞう」だ!

サムライブルーの原材料

中村俊輔加入に心躍らせ磐田へ。
川又堅碁「脱・しょぼぞう」だ!

ん!? 新しい外国人選手かな。1月14日、ジュビロ磐田に移籍した中村俊輔のチーム初練習を取材するために訪れた大久保グラウンド… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/02/05

源昌子の“すべらない”守備の話。スライディング無しで守る方法論。

サムライブルーの原材料

源昌子の“すべらない”守備の話。
スライディング無しで守る方法論。

すべらんなあ。「人志松本のすべらない話」ではないが鹿島アントラーズのセンターバック、昌子源を見ていると思わずそうつぶやい… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/01/08

工藤壮人はMLSで代表返り咲きへ。あごを骨折してもダイビングヘッド。

サムライブルーの原材料

工藤壮人はMLSで代表返り咲きへ。
あごを骨折してもダイビングヘッド。

カナダからの手紙ならぬ、カナダからのアピール。海外から日本代表を目指すのは、何も欧州の舞台に限られてはいない。柏レイソル… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/12/20

CS決勝直前、柏木陽介に漂う殺気。きっかけは恩師の「何やっとんや」。

サムライブルーの原材料

CS決勝直前、柏木陽介に漂う殺気。
きっかけは恩師の「何やっとんや」。

静かな殺気とでも言おうか。チャンピオンシップ決勝第1戦の2日前、浦和レッズの大原サッカー場。柏木陽介は全体練習が終わって居… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/11/29

「20億円稼げる選手になってやる」小林祐希、代表は我が道の先に。

サムライブルーの原材料

「20億円稼げる選手になってやる」
小林祐希、代表は我が道の先に。

オランダからの自己主張が聞こえてくる。今年8月、ヘーレンフェーンに移籍した小林祐希はトゥエンテ(9月10日)でデビューして以… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/11/03

山口蛍の生き様が吹き込まれた一撃。躊躇も雑念もない不器用さの結晶だ。

サムライブルーの原材料

山口蛍の生き様が吹き込まれた一撃。
躊躇も雑念もない不器用さの結晶だ。

ハリルジャパンを救ったあの一発。埼玉スタジアムが揺れたあの一発。後半アディショナルタイムにぶちこんだ山口蛍のミドルシュー… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/10/15

太田宏介が上げ、小林悠が仕留める。同級生で、親友で、ずっとライバル。

サムライブルーの原材料

太田宏介が上げ、小林悠が仕留める。
同級生で、親友で、ずっとライバル。

太田宏介と小林悠。ハリルジャパンに名を連ねている2人は、麻布大学附属渕野辺高(現麻布大学附属高)サッカー部の同級生である… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/10/06

日本の司令塔候補・大島僚太に聞く。磨いた技術は「柔」、心の中は「剛」。

サムライブルーの原材料

日本の司令塔候補・大島僚太に聞く。
磨いた技術は「柔」、心の中は「剛」。

柔よく剛を制す。大島僚太が好きな言葉である。中学、高校時代に「プロでやっていくためには、これしかない」と胸に刻んだ原材料… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/10/02

ハリルはなぜ何度も前言を覆すのか。浅野の起用からわかる「超現実主義」。

サムライブルーの原材料

ハリルはなぜ何度も前言を覆すのか。
浅野の起用からわかる「超現実主義」。

論語に「駟(し)も舌に及ばず」という言葉がある。一度口に出した言葉は、四頭立ての馬車が追いつけないほど広まるのが早い。だ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/09/13

清武弘嗣が獲得した信頼の大きさ。「外国人選手」にとって開幕戦とは。

サムライブルーの原材料

清武弘嗣が獲得した信頼の大きさ。
「外国人選手」にとって開幕戦とは。

「開幕戦はシーズンの単なる1試合じゃない」と、よく耳にする。プロ野球のレギュラーシーズンなら143試合、J1なら34試合。いいス… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/08/24

J優勝のために一度は断った五輪行き。興梠慎三、全ては浦和のために。

サムライブルーの原材料

J優勝のために一度は断った五輪行き。
興梠慎三、全ては浦和のために。

世界の舞台には、縁がなかった。2008年の北京五輪でも、2010年の南アフリカW杯でも興梠慎三は大枠のメンバーに入っていながらも… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/07/19

U-23で一番サッカーを「楽しむ」男。中島翔哉は、リオで最高に目立つ!

サムライブルーの原材料

U-23で一番サッカーを「楽しむ」男。
中島翔哉は、リオで最高に目立つ!

「必死」の目的が、違っていた。リオ五輪メンバーに選ばれるため、には見えなかった。あくまで試合に勝つため、ボールを受け取っ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/07/02

細貝萌がトルコで手にした充実の時。理不尽な冷遇から、新天地で得た愛。

サムライブルーの原材料

細貝萌がトルコで手にした充実の時。
理不尽な冷遇から、新天地で得た愛。

サッカーの神様は、細貝萌に何度、試練を与えるつもりなのか。2015年夏。彼は“飼い殺し”状態になっていたヘルタ・ベルリンに戻… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/06/14

森重真人はなぜ連戦を乗り切れるか。疲れを「頭で負かしちゃう」方法論。

サムライブルーの原材料

森重真人はなぜ連戦を乗り切れるか。
疲れを「頭で負かしちゃう」方法論。

森重真人は、タフである。今季の公式戦は2月9日のACLプレーオフ、チョンブリ戦から始まり、Jリーグ、ACL、そして日本代表でもロ… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2016/05/03

1 2 3 NEXT >>

ページトップ