フランス・フットボール通信BACK NUMBER

ロシアW杯不出場のアフリカの巨象。
コートジボワール代表、崩壊の課程。

posted2017/12/07 08:00

 
ロシアW杯不出場のアフリカの巨象。コートジボワール代表、崩壊の課程。<Number Web> photograph by Alain Mounic

若い代表選手たちを中心に、“エレファン”再建の道は、いま始まったばかりである。

text by

フランク・シモン

フランク・シモンFrank Simon

PROFILE

photograph by

Alain Mounic

 コートジボワールがロシアワールドカップ出場を逃したのは、イタリアの60年ぶりの欧州予選敗退ほどにはショッキングでなかったものの、それでも十分にセンセーショナルであった。

『フランス・フットボール』誌11月21日発売号は、コートジボワールのW杯予選敗退を取り上げている。

 過去3大会連続で本大会に出場し、2015年のアフリカチャンピオンでもあるコートジボワールが敗れた原因はどこにあったのかを、フランク・シモン記者がレポートしている。彼の分析を読むと、'15年のアフリカ・ネーションズカップ優勝が、アカデミー黄金世代の、蝋燭の最後の輝きであったことがよくわかる。

監修:田村修一

いろんなことが「半年間」で起こるものだ。

 バビには憂鬱がある。

“バビ”とはコートジボワール人が名づけた旧首都「アビジャン」の愛称である。

 同国最大の都市で経済の中心でもあるアビジャンは、サポーターたちの熱い期待を打ち砕いた。今から半年少し先に開催されるワールドカップ本大会に、コートジボワールは駒を進められなかった。

 半年とは、2014年7月にエルベ・ルナールがコートジボワール代表監督としてアビジャンに赴任し、赤道ギニアでおこなわれたアフリカ・ネーションズカップ(CAN)で優勝するまでの時間であり、コートジボワール・サッカー協会(FIF)が2017年3月に監督に就任したマルク・ビルモッツにワールドカップ予選突破を託した時間でもある。

 11月11日におこなわれたホームでの最終戦、勝てば突破が決まったモロッコ戦をコートジボワールは0-2で落とした。

 それから4日後にFIFは僅か3行の短いコメントを配信し、シディ・ディアロ会長の名のもとにビルモッツの解任を発表した。

 少なくとも形の上では、双方の合意に基づく円満な退任であった。

【次ページ】 「私は敢えて火中の栗を拾った。それが真実だ」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
マルク・ウィルモッツ
セレイ・ディエ
セルジュ・オーリエ
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ