JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和をアジアの頂点に導いた男。
ラファ・シルバを支える母の言葉。

posted2017/12/07 17:00

 
浦和をアジアの頂点に導いた男。ラファ・シルバを支える母の言葉。<Number Web> photograph by AFLO

加入1シーズン目にして12ゴールを決め、浦和の前線に定着したラファエル・シルバ。海外からの注目度も急激に上がっている。

text by

塚越始

塚越始Hajime Tsukakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

「Jリーグでプレーするために来日してくるブラジル人選手の中では珍しい、超都会っ子ですよ」

 浦和レッズ通訳のロドリゴ・シモエスさんからそう紹介されたラファエル・シルバは照れ笑いを浮かべたあと、少し誇らしげにこう言った。

「ああ、サンパウロの中心地で生まれ育ったんだ。両親もそうだったと聞いているよ。毎日が刺激に溢れている、とても魅力的な街さ」

 クラブW杯での活躍が期待されるラファエル・シルバのプロキャリアは、20歳だった5年前にコリチーバで始まった。続いて、スイスで躍進するルガーノでのゴールラッシュで評価を高めた。2014年途中からアルビレックス新潟へ移籍すると、昨季は自己最多11ゴールを記録。その活躍が買われて今季、浦和レッズに加入した。

「これまでのキャリアでは、サンパウロ州の大会で1度優勝したぐらい。だからタイトルを獲りたかった。そのチャンスがたくさんあることも、移籍先に浦和を選んだ理由のひとつだった」

旅人や病人を救う守護天使「ラファエル」から。

 ラファエル・シルバは初めて挑んだ今季AFCチャンピオンズリーグで、試合を重ねるごとにパフォーマンスを上げた。

 グループステージで5ゴール、決勝トーナメントで4ゴールと、チーム最多の9得点を奪取。トーナメントを勝ち上がり、対戦相手が強くなればなるほど燃えた。不可能はないと挑戦心を駆り立てた少年時代と同じように。

 父レイナウドと母マルタの間に、姉に続く長男として生まれた。聖書に登場する旅人や病を持つ者を救う守護天使「ラファエル」から名前が付けられた。

 幼い頃は地元のフットサルのチームに在籍していた。小さくて華奢な体つきにコンプレックスを抱いていたが、コートに立てば劣等感を反骨のパワーに変えて、年上や自分よりも身体の大きな相手を翻弄した。

「体格差だけでいろいろ判断されるのは苦痛だった。だから、とにかくゴールを決めまくってみせたんだ(笑)」

【次ページ】 フットサル少年からコリンチャンスの下部組織へ。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ラファエル・シルバ
浦和レッズ

ページトップ