サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

この0-1は「惜敗」と呼べるのか。
ロシアW杯の展望は限りなく逆境。

posted2017/11/15 12:10

 
この0-1は「惜敗」と呼べるのか。ロシアW杯の展望は限りなく逆境。<Number Web> photograph by Getty Images

ブラジル戦ほど絶望的ではなかった。しかしベルギーに勝つ方法があったかと問われれば難しいといわざるをえないのが事実だ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 これで、良かったのだ。

 くしくも4年前の11月に、日本はベルギーに3-2で勝利した。敵地ブリュッセルでつかんだ勝利によって、アルベルト・ザッケローニ監督と選手たちが自信をつかんだだけでなく、ブラジルW杯へ向けた期待の高まりへとつながっていった。

 それが間違っていた、とは言わない。しかし、7カ月後のブラジルW杯で日本はグループステージ敗退に終わり、ベルギーはベスト8進出を果たすことになる。

 テストマッチとはつまり、そういうものだ。肉でも魚でもない、メインディッシュというわけでなく、冷めきったピザのように味気ないものでもないが、人々の記憶に長く残るものではない。残す必要がないものである。

 観衆の反応は分かりやすい。極東からやってきたFIFAランキング44位のチームを相手に前半を0-0で終えれば、ブーイングに包まれてもおかしくない。ところが、ハーフタイムを告げるホイッスルが鳴り響いても、2017年11月14日のスタジアムはほとんどざわつかなかった。

 試合終了時も同じだった。日本をブルージュに招いたホストは、'16年9月のスペイン戦を最後に14試合連続で負けていない。FIFAランキング5位のベルギーにとって、日本相手の1-0という結果は満足できるものではないはずだが、選手たちがブーイングを浴びることはないのである。

守備の狙いも整理され、献身性も評価できるが……。

 そもそもこの試合には、正GKのティボウ・クルトワも10番のエデン・アザールも出場しておらず、ケビン・デブライネは60分過ぎで退き、72分に唯一の得点をあげたロメル・ルカクもその直後に退いている。真剣勝負ではないことを、観衆も分かっていたわけだ。

 日本の戦いが、評価に値しないわけではない。ゲームの入りは悪くなかった。ディフェンスの狙いも整理されていた。前からハメるところとそうではないところを、しっかりと使い分けていた。

 1人ひとりの献身性も評価できる。なかでも際立ったのは井手口陽介だろう。

 ブラジル戦に続いてこの日も出足鋭くボールにアプローチし、ベルギーの攻撃を制限した。フル代表では初めてとなるトップ・オブ・トップとの戦いでも、この21歳はチームに必要な選手であることを示した。

【次ページ】 アザール不在でカウンター頼みだったベルギー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ