セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

解説者ザックがイタリア代表に嘆き。
「チームとして評価にも値しない」

posted2017/09/05 08:00

 
解説者ザックがイタリア代表に嘆き。「チームとして評価にも値しない」<Number Web> photograph by AFLO

歓喜に沸くスペイン代表とは対照的に落ち込むアズーリ。天国と地獄を分かつプレーオフに回ることになれば、さらなる重圧が待ち受ける。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

 元日本代表監督アルベルト・ザッケローニは現在、イタリア国営放送RAIによる同国代表戦中継の解説者を務めている。彼独特の柔らかな語り口で、タイミングよく届けられる的確なプレー解説や戦術に関するコメントは非常にわかりやすい。

 2日、マドリードで行われたロシアW杯予選でも、ザッケローニは現地からグループGの大一番、スペイン対イタリア戦を解説した。

 ともに勝ち点16で並んだ首位攻防戦は、ホームのスペインが一方的に主導権を握り、3-0で圧勝。本大会出場権をほぼ手中に収めた。一方、敗れたアズーリは各グループ2位同士によるプレーオフに回る可能性が高くなった。

 惨敗を振り返ったザッケローニは手厳しかった。

「今夜のイタリアは、チームとして何の評価にも値しないほど酷かった。前線も中盤も守備も、全部ダメだ」

「スペインは人類を超越している」って……。

 アズーリを率いるベントゥーラにとって、EUROフランス大会後に代表監督の座を争った5歳年下のザッケローニからの直言はさぞ耳が痛いだろう。試合後、老将は呻くのがやっとだった。

「スペイン代表は人類を超越している」

 いやいや、いくら上手いとはいえ、スペイン代表は宇宙人じゃない。

 2ゴールを奪われたスペインMFイスコには確かに手も足も出ない状態だったが、イタリアの不甲斐なさには疑問が残った。闘将コンテ(現チェルシー)率いるアズーリがEURO2016でスペインを撃破してから、まだ1年ちょっとしか経っていないはずだ。

 負けは負けと認めて敗因を探り、一刻も早い打開策を見つけねばならない。さもなくば、プレーオフ突破すら不安になってくる。

【次ページ】 スペイン相手に中盤2枚で挑んだ無謀っぷり。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
ジャンルイジ・ブッフォン
イタリア代表

ページトップ