オリンピックPRESSBACK NUMBER

なぜサニブラウンはオランダ修行に?
国の枠を越えて才能を集める強化策。

posted2017/08/05 09:00

 
なぜサニブラウンはオランダ修行に?国の枠を越えて才能を集める強化策。<Number Web> photograph by Ayako Oikawa/Takashi Shimizu

オランダ陸連の強化委員長ロスカム氏。陸上選手としてのキャリアはないが、先進的な強化体制でサニブラウンも快く受け入れられた。

text by

及川彩子

及川彩子Ayako Oikawa

PROFILE

photograph by

Ayako Oikawa/Takashi Shimizu

 陸上の日本選手権で100m、200mともに自己ベストで2冠を達成したサニブラウン・アブデルハキームのニュースを目にするたびに、「なぜオランダ?」と思われている方は多いのではないだろうか。

 サニブラウンは1月からオランダ陸連の短距離チームを指導する米国人コーチ、レイナ・レイダー氏の指導を受けて今季大きく飛躍した。日本選手権で2冠を達成し、ロンドン世界陸上への切符を手にした。

 サニブラウンはロンドン世界陸上後に米国フロリダ大学へ進学するが、米国学生スポーツ協会(NCAA)の規則により、入学前に大学のコーチに指導を受けることはできない。日本にとどまる選択肢もあったが、入学前に語学力をつける必要性から、そして高いレベルで練習を積むために海外コーチに師事する決断をし、1月にオランダに向かった。

オランダが外国人選手を受け入れる理由とは。

 サニブラウンの今季の活躍の陰には、2人のキーマンが存在する。1人は前述したレイダーコーチ。もう1人はオランダ陸連強化委員長のアド・ロスカム氏だ。

 サニブラウン陣営がレイダーコーチを選んだのはいくつか理由がある。高校、大学、そしてプロチームで指導経験がある点、技術的に優れたコーチングに定評がある点、そして年齢や性別が異なる選手を指導している点などがあげられる。

 米国にあるクラブチームやプロチームも候補に挙がったものの、郊外を拠点にするチームも多く、安全性や車なしでの移動の難しさを考えると、オランダ行きが最善という結論に達した。

 2015年世界ユースや北京世界陸上の動画を見たレイダー氏はサニブラウンの才能を見込んで、すぐに指導を快諾。その後ロスカム氏にサニブラウンの受け入れを相談し、ロスカム氏もチームへの加入を最終的に許可した。

 オランダ陸連の専任コーチがオランダ以外の選手を指導していることに違和感を持つ人もいるかもしれないが、それもロスカム氏の強化策の一環だ。

【次ページ】 バートレッタなど超一流がオランダに続々と集結。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サニブラウン・アブデルハキーム

ページトップ