スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

勝者ガトリンに“He is a doper!”
ボルトが善なら、悪役とされた男。

posted2017/08/09 10:30

 
勝者ガトリンに“He is a doper!”ボルトが善なら、悪役とされた男。<Number Web> photograph by AFLO

ボルトに勝利し、感無量の表情を浮かべるガトリン。しかし競技場に詰めかけたファンの対応は手厳しかった。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 それは異様な光景だった。

 世界の注目を集めた男子100m。

 誰もがウサイン・ボルトが勝ち、引退の花道をロンドンで飾ることを望んだ。彼が負けるなんて、「想定」にはなかった。

 ただし、今季のボルトの走りを見ていれば、勝つことが簡単ではないことは想像がついた。大会前ベストタイムは9秒95。加えて得意とする200mに出場しないとなると、好調とは程遠いことが想像できる。

 人間は、見たいものしか見ない。ロンドンの人々は、好みの「ストーリー」を用意して待っていた。

 そこに闖入者が現れた。

 ジャスティン・ガトリンだ(しかもこの日は裸の男性、「ストリーキング」がトラックに乱入していた)。

悪意の「ウサイン・ボルト! ウサイン・ボルト!」

 100mのフィニッシュ・ラインを先頭で駆け抜け、ガトリンにしてみれば、長年、ターゲットとしてきたボルトに勝ち、人生最高の瞬間を迎えていたに違いない。

 ガトリンはスタジアムのモニターで着順を確認し、自分が勝者だと分かると、人差し指を口に当て、「シーッ」という仕草をして、

「俺が世界を黙らせた」

と思えるポーズをとった。

 その時、スタンドから湧いたのは盛大なブーイングだった。長年の夢がかなったガトリンには悪意が向けられ、ロンドン・スタジアムの観客は、

「ウサイン・ボルト! ウサイン・ボルト!」

と連呼し始めたのである。

【次ページ】 予選、準決勝、決勝とブーイング量は増していった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ウサイン・ボルト
ジャスティン・ガトリン
世界陸上

ページトップ