スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ボルト不安説と新鋭の台頭、日本勢。
世界陸上100mは世紀のレースに!

posted2017/08/04 06:30

 
ボルト不安説と新鋭の台頭、日本勢。世界陸上100mは世紀のレースに!<Number Web> photograph by Kyodo News

サニブラウンや多田、ケンブリッジと個人でも期待が高まるメンバーがそろった。ボルトとともに大一番のスタートラインに立つ選手は出るか。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 Unbeatable. 打ち負かせない。

 Unstoppable. 止められない。

 陸上の世界選手権を前にして、火曜日にロンドン市内で行われた会見で、ウサイン・ボルトは自分のことをそう表現した。

 そして、今回のロンドンでのテーマは、この言葉だ。

 Forever Fastest.

 永遠に、最速。

 2008年の北京オリンピックの100m、200mで衝撃的な走りを見せてから、早9年。ロンドン、リオデジャネイロ両オリンピックでも期待に違わぬ走りを見せ、2年ごとの世界選手権でもメダルをさらっていったボルト(2011年、大邱大会の100mでのフライングによる失格には驚いたが)。

 すでに“レジェンド”の域に到達しているが、今回の世界選手権の100mで優勝すれば、伝説は見事な完結を見ることになる。

今季ベストの「9秒95」はランキング7位でしかない。

 ただし今回は、これまでとは様相が違う。個人競技では彼にとって最も得意な200mには出場せず、100m一本に絞って出場する。

 100mはリスクをはらむ種目だ。大邱大会でのようなフライングもあるし、スタートに失敗すれば勝つチャンスは失われていく。

 しかも、欧米のメディアの間では「不安説」が流布されている。今季のボルトの100mでのベストタイムは9秒95で、ランキングの7位でしかない。ボルトより速い顔ぶれはというと、以下の通りだ。

1位 コールマン(アメリカ) 9秒82
2位 ブレイク(ジャマイカ) 9秒90
3位 シンビネ(南アフリカ) 9秒92
4位 バレル(アメリカ)   9秒93
4位 ベルチャー(アメリカ) 9秒93
6位 バン・ニーケルク(南アフリカ)9秒94
7位 ロト(南アフリカ) 9秒95
7位 ガトリン(アメリカ) 9秒95
7位 ボルト(ジャマイカ) 9秒95

【次ページ】 ボルトを止めるとすれば、ガトリンら米国勢か。

1 2 3 NEXT
ウサイン・ボルト
サニブラウン・アブデル・ハキーム
多田修平
ケンブリッジ飛鳥

ページトップ