オリンピックPRESSBACK NUMBER

18歳サニブラウンの持つコメント力。
世界選手権で今度は何をしゃべる?

posted2017/06/26 17:15

 
18歳サニブラウンの持つコメント力。世界選手権で今度は何をしゃべる?<Number Web> photograph by Takashi Shimizu

身長188センチでまだ伸びているというサニブラウン。16歳の世界記録ではボルトを上回っており、東京五輪でのさらなる活躍が期待される。

text by

別府響(Number編集部)

別府響(Number編集部)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph by

Takashi Shimizu

「『勝たなきゃ』という想いで緊張するのはわかるんですけど、一番大事な“レースを楽しむ気持ち”を忘れるのはいけないのかなと。楽しむ気持ちが、一番大事だと思います」

 その言葉の通り、18歳の青年は終始楽しげだった。

 6月23日から25日まで大阪・長居陸上競技場で行われた陸上の日本選手権。初日から最終日までサニブラウン・アブデルハキーム(東京陸協)の一人舞台だった。

 10秒0台の自己ベストを持つ選手が5人もそろい“過去最高レベル”と言われた100mを雨中にもかかわらず10秒05の自己ベストで制すると、翌日の200mも20秒32で圧勝。2003年の末續慎吾以来、14年ぶりの短距離2冠を達成してみせた。

 その圧倒的な実力もさることながら、目を引いたのは18歳とは思えぬ秀逸なコメントぶりだった。

日本選手権前は、絶不調だったサニブラウンだが……。

「ちょっと雨で、9秒台をお見せすることができなかったんですけど――」

 100mのレース後には、悪天候の中、観戦に訪れた2万人を超えるファンたちに、9秒台を見せられなかったと申し訳なさそうに一言。

「出せなかった」ではなく「お見せすることができなかった」と言うあたりに、プロ意識が滲みでる。これだけハイレベルな争いを制し、初優勝。しかもまだ18歳だ。それでも浮かれることなく、まずファンのことを気にする……大物感が満載である。

 また、翌日の200mを制した後のミックスゾーンではこんな一幕もあった。

 実はサニブラウンは日本選手権の前に出場したオランダでの200mレースでは、21秒10の7位と絶不調。その状態からどうやって立て直したのか? という質問が記者からでると、18歳はニヤッと笑うと軽妙にこんな一言を返してきた。

「その質問、待ってました~!」

【次ページ】 18歳にしてコメントで笑いをとり、説明も理路整然。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サニブラウン・アブデルハキーム
末續慎吾
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
陸上日本選手権大会
東京五輪
オリンピック

ページトップ