Number ExBACK NUMBER

堀江翔太と立川理道が明かす
ジャパン主将の過酷な日々。

posted2017/06/16 12:00

 
堀江翔太と立川理道が明かすジャパン主将の過酷な日々。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

text by

朴鐘泰(Number編集部)

朴鐘泰(Number編集部)Park Jong Tae

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 半年振りの再会となった。

 6月の上旬、福岡・宗像で合宿中のラグビー日本代表共同キャプテン、堀江翔太と立川理道を訪ねた。前回は昨年11月、ウェールズの首都カーディフで対談取材を行なった(Number916号掲載)。ちょうどジャパンのテストマッチ4連戦のさなか、ウェールズ代表との一戦を控えた週だった。インタビュアーは2回ともスポーツライターの生島淳さんである。

 今回はNumber929号のための対談取材で、言わば916号の「つづき」。この半年間を振り返ってもらいながら、目前に迫ったルーマニア、アイルランド戦への意気込みを聞くことができた。

“キャプテン”という激務を長らく続けてきた堀江。

 印象的なフレーズがあった。堀江は冗談交じりでこんなことを話している。

「この数年間、ずっと働いてます(笑)」

 特にこの半年間、彼らは働き詰めだった。

 昨年11月のテストマッチ4連戦が終わって、堀江はパナソニック、立川はクボタに戻ってトップリーグを戦った。堀江はパナソニックでキャプテンを務めて5年目になり、立川もこのシーズンからクボタのキャプテンを任されるようになった。

 トップリーグと日本選手権が終わると、次はサンウルブズ。

 立川はエドワード・カークと共同キャプテンを務め、国際経験豊富で初代サンウルブズ主将でもある堀江は、自然とリーダーシップを求められる存在である。

 その激務の代償というべきか、堀江、立川両名ともケガに苦しんだものの、幸いにして2人ともジャパン合流に間に合った。なお、立川は合流後に足の負傷のため一時離脱したが、16日の復帰が決まっている。

【次ページ】 堀江の言う通り……半年後に「しんどくなった」立川。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
堀江翔太
立川理道
ラグビー日本代表
ラグビーW杯
ラグビーW杯日本大会

ページトップ