錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

錦織圭、全仏ベスト8で何を感じた?
回復力と笑顔と王者ナダルの言葉。

posted2017/06/13 11:40

 
錦織圭、全仏ベスト8で何を感じた?回復力と笑顔と王者ナダルの言葉。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

錦織の課題=フィジカル面、というイメージが定着してしまったが、本人と周囲は着実に成長している実感がある。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 全仏オープンが終わった。グランドスラムの中でもっとも優勝に近いとも言われていた舞台で、2年ぶりのベスト8。世界ナンバーワンのアンディ・マレーに敗れるまで、勝っていった相手は自分よりもランキングが下の選手ばかりだ。世間の反応も、いわゆる「格下」と当たるグランドスラムの4回戦くらいまでは「勝って当然」という空気になっていることは、日本にいなくても感じる。

 1回戦から大騒ぎするのも異常だが、どんなトッププレーヤーでも勝って当たり前の2時間、3時間の試合の中に、あるいはその裏に、いくつもストーリーがある。その面白さは勝った負けたのニュースやダイジェスト映像だけでは伝わらない。

 結果だけ見れば「残念」という人も「またか」という人もいる。しかし、特別な結果をもたらさなかった戦いの過程に、特別な変化を少なくとも2つ見た大会だった。

「戦いながら回復することができるようになった」

 まず、新たに得た体力面での自信だ。

 今大会は手首のケガが完治したのかどうかという心配を抱えた中でスタートし、試合中にも肩だの腰だのトレーナーを呼んで治療を受けるシーンを何度か目にした。だから妙な話に聞こえるかもしれないが、錦織は確かに「体が強くなっている証拠」をつかんでいた。

 大会序盤には思いがけない苦戦が続き、フェルナンド・ベルダスコとの4回戦のあとには「疲れはもちろん溜まっている」と本人も認めていた。だが2日後のマレー戦では、その疲れを引きずっていなかったという。

「意外と(体が)戻って来てましたね。この2週間、戦いながら回復することができるようになったと感じてます。体が強くなっている証拠だと思う。明日になってみないとわからないですけど、今の感じだと、もし今日勝っていても、あと2試合できたと思います」

 第1セットで絶好の立ち上がりを見せながらも6-2、1-6、6-7、1-6で逆転された悔しい敗戦直後だったが、そのときだけは微かな笑みが見えた。

【次ページ】 全仏開幕直前の大会出場は試合数を増やすため。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
錦織圭
ラファエル・ナダル

ページトップ