プロ野球亭日乗BACK NUMBER

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。
采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

posted2017/06/08 13:45

 
歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。<Number Web> photograph by Kyodo News

交流戦に入っても連敗を続けることになった巨人。高橋監督は冷静に振る舞うが……。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 巨人が7日の西武戦に敗れ、球団史上ワーストの12連敗を記録した。

「(12連敗は)現実なのでそれを現実として受け止めないといけない。ただ、明日からまだ試合はあるので、挽回するチャンスはまだあるわけだからね。とにかくそういった気持ちでまた頑張るしかないと思う」

 屈辱の歴史を刻んだ試合後の高橋由伸監督は、絞り出すようにこう語るのが精一杯だった。

 今季は日本ハムがシーズン序盤に10連敗し、その後もオリックスが9連敗、ロッテが8連敗と他チームも大きな連敗地獄にはまっている。連敗するチームのお決まりは投打の歯車が全く噛み合わなくなることだ。投手陣が踏ん張れば打線が援護できず、打線が点を取るとそれ以上に投手陣が打ち込まれるという悪循環に陥る。

 今回の巨人も連敗期間中に投手陣が5回までに5点以上の大量失点をして試合を壊したケースは4試合あった。ただ、先発が踏ん張り5回まで3失点以内に抑えたゲームも7試合ある。一方で、打線は5回までに3点以上を挙げた試合はわずか2試合しかない。

 このちぐはぐさが黒星の続く一番の理由なのだが、あえて言えばやはり打線がもう少し早い回に点を取れていれば、展開は違っていたはずである。

連敗が続き、ベンチワークへの批判も噴出してきた。

 もちろんベンチも手をこまねいていたわけではない。

 6月2日には打線強化のために、あえてクローザーのアルキメデス・カミネロ投手を二軍に落として、ファームで8本塁打していたルイス・クルーズ内野手を一軍に引き上げた。

 外国人枠の問題があっての苦渋の選択だったが、結果的にはこの日のオリックス戦でカミネロに代えて守護神に指名したスコット・マシソン投手が打ち込まれて逆転負けを喫する皮肉な結果となった。

 そんな結果もあり連敗が重なるにつけベンチワークへの批判が出ているのも事実だ。

【次ページ】 采配は、それなりに根拠もある最善手だったが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
高橋由伸
読売ジャイアンツ
阿部慎之助
坂本勇人
アルキメデス・カミネロ
ルイス・クルーズ
スコット・マシソン
菅野智之
田口麗斗
マイルズ・マイコラス
ケーシー・マギー
村田修一
岡本和真
中井大介
長野久義
池田潤
渡辺恒雄
原沢敦
小林誠司
菊池涼介
鈴木誠也
田中広輔
脇谷亮太
陽岱鋼
立岡宗一郎
橋本到
石川慎吾
重信慎之介
清武英利

ページトップ