テニスPRESSBACK NUMBER

ジョコビッチの深刻な不調はなぜか。
尋常でない男の、ありきたりな理由。

posted2017/05/23 07:00

 
ジョコビッチの深刻な不調はなぜか。尋常でない男の、ありきたりな理由。<Number Web> photograph by AFLO

フェデラー、ナダルのグランドスラム優勝回数を簡単に抜いていくかと思われたジョコビッチがまさかの失速。さて、復活は?

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

AFLO

 ノバク・ジョコビッチが深刻な不調に陥っている。

 1月に開幕戦のドーハを制したが、全豪オープン2回戦で世界ランキング117位のデニス・イストミンに敗れ、歯車が狂い始めた。アカプルコ、インディアンウェルズで気鋭の21歳(当時)、ニック・キリオスに連敗。マイアミは右ひじの故障で欠場した。

 クレーシーズンのマスターズ1000大会でも調子は戻らない。モンテカルロは準々決勝で世界ランク13位のダビド・ゴファンに3セットで敗退。マドリードでは準決勝で同5位のナダルに2-6、4-6の完敗を喫した。

「ビッグイベントで準決勝の舞台に立ち、生涯のライバルと戦うことができた。こんな気分は何カ月ぶりだろう。それを味わえてよかったよ」

 精一杯、前を向こうとしているのが分かるだけに、敗退後のコメントが痛々しい。昨年は年頭からマドリードまでに4勝したが、今季の優勝は一度きり。しかも、ドーハで優勝したあとは決勝の舞台にも立っていない。

 マドリードの開幕前には、長年の盟友マリアン・バイダコーチやフィジオら3人がチームを離れた。

生涯グランドスラムから1年もたたずにチームが崩壊。

「ショック療法だよ」

 ジョコビッチは端的に理由を明かしたが、極端な不振がチームに亀裂を招いたと見ることもできる。

 コーチの交代はどの選手にもあるが、10年以上連れ添ったバイダとの離別は事態の深刻さを感じさせる。

 昨年の全仏オープンで生涯グランドスラム(四大大会全制覇)を達成した時の2人のコーチのうち、ボリス・ベッカーがシーズン末に陣営を去り、今度はバイダ。我が世の春を謳歌した全仏から1年もたたないうちに、まさかのチーム崩壊だ。

【次ページ】 あのジョコビッチが、そんなありきたりな理由で?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ノバク・ジョコビッチ
錦織圭
ロジャー・フェデラー

ページトップ