“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

G大阪、清水で育った筑波大の知将。
長谷川健太と小井土正亮、師弟の絆。

posted2017/05/07 08:00

 
G大阪、清水で育った筑波大の知将。長谷川健太と小井土正亮、師弟の絆。<Number Web> photograph by Takahito Ando

筑波大学蹴球部監督の小井土はまだ39歳。51歳の長谷川とは一回り以上の年齢差があるが、同じサッカー指導者として対峙している。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 昨季インカレ優勝を果たし、今季の関東大学サッカーリーグでも開幕2連勝と好スタートを切った筑波大学。このチームを率いる監督・小井土正亮には、大きな夢がある。

「いつか長谷川健太さんが率いるチームと試合がしたいんです」

 大学リーグ開幕前に話を聞いた折、彼はそんなことをサラリと口にした。どうやら、彼のサッカー人生にと長谷川健太という男は、切っても切れない存在なのであるらしかった。

 1978年に岐阜県で生まれた小井土は、地元の各務原高校でエースとして活躍。東海地区では名の知れた選手で、チームを高校選手権とインターハイ初出場にまで導き、そのインターハイではベスト8にまでチームを進ませた立役者となっていた。

 視野が広く、冷静沈着なプレーが特徴的だった小井土は、筑波大学に進学。大学卒業と同時に、水戸ホーリーホック入団と筑波大大学院に進学。プロ生活こそ1年で終わったが、大学院3年目で運命の出会いをする。

長谷川と小井土、出会いはS級ライセンスの講座。

 長谷川がサッカー指導者のS級ライセンスを取得するために筑波大学で研修を受けたとき、その補助スタッフを小井土が務めたのだ。20人あまりのS級ライセンス取得希望者全体をフォローするそのスタッフに、長谷川は大きな興味を示したという。

「健太さんが『いつか一緒に仕事をしような』と言ってくれたのは、本当に嬉しかったですね。でも、最初は内心『いつになるのかなぁ』と思っていたのですが、その翌々年にいきなり『エスパルスの監督に就任するからコーチとして来い』と言われたんです(笑)。『早っ』と思いましたね」

 2005年、長谷川は清水の監督に就任した。当時、小井土は大学院修了後、柏レイソルでテクニカルスタッフを務めていた。契約も残っていたが、長谷川からのラブコールを断る理由は無かった。

 こうして長谷川監督就任と同時に、27歳の小井土は清水のアシスタントコーチに就任することとなった。

【次ページ】 「大学サッカーの指導者をやってみたい」という夢。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
長谷川健太
小井土正亮
清水エスパルス
ガンバ大阪
筑波大学

ページトップ