Jをめぐる冒険BACK NUMBER

代表のためにスタイルは変えない。
西川周作は浦和式でつなぎ続ける。

posted2017/04/07 07:00

 
代表のためにスタイルは変えない。西川周作は浦和式でつなぎ続ける。<Number Web> photograph by AFLO

西川周作の目指すGK像と、ハリルホジッチの求めるGK像は違う。その溝を超える程の絶対能力を身につけるしかない。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

AFLO

 スターティングラインナップには、ちょっとした異変が起きていた。

 3月23日に行われたロシアW杯アジア最終予選。アウェーのUAE戦で日本のゴールマウスに立ったのは、前年6月以来、実に9カ月半ぶりのスタメンとなる川島永嗣だった。

 これまで最終予選の全試合で日本のゴールを守り抜いてきた西川周作の姿は、ベンチにあった。

 所属クラブで出場機会を得られていない川島を、大一番のスタメンに選んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督の決断には驚かされたが、しばらくして別の驚きが生じてきた。

 ホームで1-2と敗れ、これ以上にない屈辱を味わわされた日本にとって、UAEは絶対に叩かなければならない相手だった。

 その試合でセットプレーから2失点を喫した西川にとっても、この試合はリベンジを果たす機会となるはずだった。それなのに、肝心のゲームで控えに回されてしまったのだ。

 にもかかわらず、試合前日のミックスゾーンで西川は、自身がスタメンでないことを察していながら、いつもと変わらぬ様子で笑顔すら覗かせて、メディアの質問に応じていた――。それが、西川がスタメンではないということを知ったときに生じた、別の驚きだった。

「自分に足りないところがあるから出られない」

 浦和レッズの練習場でそのことについて訊ねると、「ハハハ、うまく騙せましたかね」と屈託のない笑顔を見せて、西川が言葉を紡いだ。

「もちろん、悔しかったですよ。1年間、代表のゴールを守ってきて味をしめたからには『このままずっと』っていう想いもあったし、UAE戦は僕にとってもリベンジでしたから。それに、ホームとアウェーとでは雰囲気もまるで違う。そうした中で、ちょっとしたワンセーブで流れが変わるっていう経験もしたかったですし」

 そう語ると、ひと呼吸置いてから、さらに思いの丈を吐き出した。

「でも、自分の役割は理解しているし、昔から、出られないときの立ち居振る舞いを大事にしようと思っていて。GKは試合に1人しか出られないし、それを決めるのは監督ですから、その判断に対して怒りを覚えることはまったくない。自分に足りないところがあるから出られないわけで、人のせいにするのは簡単ですけど、それは一番やりたくないと思っているので、すぐに受け入れられました。自分がどうしないといけないのか、道は見えていて、答えが分かっているからこそ、割り切れたのかなと思います」

【次ページ】 西川が控えに回る予兆はあった。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
西川周作
浦和レッズ
アジア最終予選
ロシアW杯
サッカーW杯

ページトップ