オリンピックPRESSBACK NUMBER

五輪メダリスト・奥原希望の勇気と苦悩。
「人生のドラマの主役は私なんです」

posted2017/03/07 07:00

 
五輪メダリスト・奥原希望の勇気と苦悩。「人生のドラマの主役は私なんです」<Number Web> photograph by Sho Tamura/AFLO SPORT

昨秋のヨネックスオープン、準々決勝での奥原。絶対に諦めないという気持ちで必死に戦ったが、膝が、肩がついてこなかった……。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Sho Tamura/AFLO SPORT

 心のモヤモヤが、ようやくなくなった。

 自分が納得した状態で試合に臨めるのは、リオ五輪以来、約7カ月ぶりである。本格的な復帰戦となる、スーパーシリーズ(SS)の全英オープン(日本時間3月7日開幕)を間近に控えていた奥原希望に、いつもの笑顔が戻っていた。

「本当に楽しみです。今までは『肩を万全にしなきゃいけない』って、ずっとリハビリをしていて、バドミントンに対して意識を向けられなかったので。

 全英に出ることで課題とかを見つけられたら、これからどんどん追求できることが増えてくるのかなって。だから、まずは試合に出て。

 もちろん、勝負だから勝つことが大前提だし、不安はありますけど、あの頃のモヤモヤに比べたら全然楽しみです。いろんな意味で『何を見つけられるか?』ってワクワクしかないですね」

 奥原が「あの頃」と言ったのは、昨冬の全日本総合選手権のことである。

 リオ五輪後から抱えていた右肩の炎症が悪化し、とても出場できる状態ではなかったが、彼女は出場を決意した。その理由に、「日本で一番格式のある大会だから、簡単に棄権はできない」という使命感。そして「右肩の回復の目途が立ちそうだった」こともあったようだ。

銅メダリストとして臨んだ全日本を途中棄権。

 ただし、条件があった。

「絶対にスマッシュを打たない」

 大会前、奥原が所属する日本ユニシスの小宮山元監督と、そう約束を交わしていたのだ。

 優勝候補として臨んだ2回戦。リオ五輪銅メダリストのプレーはそこにはなかった。

 奥原の持ち味である、コートを縦横無尽に駆け回る粘り強いラリーをする間もなく、相手に得点を重ねられる。強打が打てない。打てば、せっかく回復の算段が立っていた右肩が、ますます悲鳴を上げるだろう。第2ゲームの途中、奥原は棄権した。

 無念の決断。

 試合後の会見で、彼女は右肩の状態などを初めて明かし、「この壁を乗り越えて、また輝ける舞台を目指して頑張っていきたい」と声を震わせた。

 奥原が当時の心境を話す。

「右肩の方向性がやっと見えてきて安心はしていたんですけど、試合前から『ダメでした』っていうのも言い訳になるし、出る以上は正々堂々と戦いたかったから。でも、会見では、いろいろ苦しかったことを振り返っちゃって……。気持ちを吐き出せるタイミングってあそこしかなかったから」

【次ページ】 ケガを乗り越え、世界の頂点を窺う位置に。

1 2 3 4 5 6 NEXT
1/6ページ
関連キーワード
奥原希望
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ