JリーグPRESSBACK NUMBER

札幌の魂・河合竜二のマリノス愛。
古巣に伝える「まだやってますよ」。

posted2017/03/03 11:00

 
札幌の魂・河合竜二のマリノス愛。古巣に伝える「まだやってますよ」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

一般的な知名度が高いのは小野伸二と稲本潤一だろう。しかしクラブの苦楽の歴史を知る河合こそ、今の札幌を象徴する選手である。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

『NumberWeb版2017年J1順位予想』で、3人のうち2人が最下位、もう1人が17位としたチーム。それが昨季J2王者の北海道コンサドーレ札幌である。

 ベガルタ仙台の本拠地での開幕戦であえなく敗れたことにより、それらの見立ては早くも説得力を持ち始めている。

「仕方ないよね。(シーズンが)終わった時に、それを裏切ることができるようにしないと」

 件の順位予想について訊かれ、河合竜二はそう答えた。

 一昨季までの5年間、札幌でキャプテンを務め、今季は同クラブで7シーズン目を迎える重鎮は、高校時代の同級生からの不躾な質問を真正面から受け止めた。広い度量は、彼と筆者がチームメイトだった16歳の頃から備えていたものだ。

プロ生活20年間で3度の昇格、2度の降格を経験。

「J1はすべてのプレーが(J2と)違う。J2では相手がミスしてくれていたような場面でも、J1ではそうならないことが多い。パスもシュートもドリブルも、スピードと技術と精度が格段に上がるからね。(仙台戦も)厳しい時間が長かった」

 開幕戦ではベンチに入ったものの、出番は最後まで訪れなかった。38歳のボランチ兼センターバックは、その20年に及ぶキャリアで、昇格を3度、降格を2度経験。だからピッチに立たなくても、J1の厳しさは肌で知っている。

 まして札幌は前回(2012年)と前々回(2008年)に昇格した際、1年で降格の憂き目に遭っている。5年前は河合も当事者のひとりだった。

【次ページ】 「竜二はコンサドーレをワンランク上にしてくれた」

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
北海道コンサドーレ札幌
河合竜二
横浜F・マリノス
浦和レッズ
齋藤学

ページトップ