JリーグPRESSBACK NUMBER

川口能活が語る韓流GKブーム。
「日本人との差は跳躍力と……」

posted2017/02/17 08:00

 
試合前には柔和な表情を見せるチョン・ソンリョン。憧れの選手はオランダ代表の守護神として君臨したファンデルサールだという。

試合前には柔和な表情を見せるチョン・ソンリョン。憧れの選手はオランダ代表の守護神として君臨したファンデルサールだという。

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 Jのゴールマウスに“韓流ブーム”到来。2009年にセレッソ大阪のキム・ジンヒョンがブレイクして以来、じわりじわりと押し寄せていた韓国人GK増加の波が、ピークを迎えようとしている。

 18分の5。これは今季のJ1で韓国人GKが在籍しているクラブの数だ。内訳は、以下のとおり。

 コンサドーレ札幌:ク・ソンユン
 鹿島アントラーズ:クォン・スンテ
 川崎フロンターレ:チョン・ソンリョン
 セレッソ大阪:キム・ジンヒョン、アン・ジュンス
 ヴィッセル神戸:キム・スンギュ

 J2にまで視野を広げれば、その数はさらに増える。

 ザスパクサツ群馬:ハン・ホドン
 松本山雅FC:ゴ・ドンミン
 ファジアーノ岡山:イ・キョンテ
 愛媛FC:パク・ソンス

10人中7人が身長190cm以上、トップクラスがJに集う。

 総勢10人。数だけじゃない。10人中7人が身長190cm以上の大型GKで、J1所属選手に限れば、アン・ジュンスを除く全員が韓国A代表に招集された経験を持つ。質とサイズを備えたトップ・オブ・トップの韓国人GKが、Jリーグに集結しているというわけだ。

 では、なぜJクラブは貴重な外国人枠(アジア枠)を使って韓国人GKを獲得するのか。韓国人GKは、日本人GKと比べてどんなところが優れているのか。

 2月13日、その答えを探るべくJリーグ・キックオフカンファレンスに足を運んだ。ここでは各クラブがブースを設け、監督と主力選手の1人が取材に応じてくれる。

 目的地は、SC相模原のブース。

 そこには川口能活がいる。

 日本が誇るレジェンドGKは、韓流守護神たちのプレーをどう見ているのか。

【次ページ】 相手を威圧し、味方を安心させる冷静さと闘争心。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
おすすめスポーツ動画

ページトップ