話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

「浦和が優勝できない理由」を潰す。
遠藤航が始めた、チーム改造計画。

posted2017/02/16 17:00

 
ユーティリティは武器だが、遠藤航の中で「本職」は今でもボランチ。スタメン2人の壁は高いが、あえてそこに波風を立てにいく。

ユーティリティは武器だが、遠藤航の中で「本職」は今でもボランチ。スタメン2人の壁は高いが、あえてそこに波風を立てにいく。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 沖縄キャンプ中、遠藤航の練習での気迫がすごかった。

 どんな練習も一切、手を抜かず、100%。やろうとしてもなかなかできることではないが、遠藤はキャンプの期間中それを徹底していた。

 そのせいか、練習後の表情には出しきった疲れが色濃く出ていた。

「レッズ2年目で心の余裕はできたけど、体の余裕はまったくないっすね(苦笑)」

 そう言ってバスに乗り込む毎日だった。

 なぜ、練習からそこまで自分を追い込んでいるのか。

「レッズが優勝するために必要なことだから」

 遠藤は、そう言った。

「昨年は年間勝ち点1位になって、ルヴァン杯を獲って、ひとつ結果を残した。でも、チャンピオンシップで鹿島に逆転負けをして、悔しさが残るシーズンになりました。大事な試合で勝てるチームになるというのは、僕が来る前からレッズの課題だと思いますが、自分が1年やってきた中で、優勝するためには何が足りないのかを感じることがあったんです」

湘南時代に経験した練習は、今より厳しかった。

 遠藤が1年間、戦って気づいたレッズが優勝するために必要なものとは、いったい何なのだろうか。

「厳しさです。ひとつひとつの練習を厳しく、手を抜くことなくやっていかないと試合でもルーズになったり、なぁなぁになったり、ちょっと気を抜いてやられてしまうことにつながる。だから常に練習から厳しく、100%でやるってことです」

 湘南時代、曹貴裁監督の練習は厳しいことで有名だった。300m走などでも厳しいタイムが設定されていた。選手はもちろん苦しいが、その必死さがフィジカル強化につながり、試合の中で生きることを経験した。そうして常に100%で練習する大切さを学んだ。

【次ページ】 チームで走るときは、先頭に出てペースを引っ張る。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
おすすめスポーツ動画

ページトップ