マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

広島・加藤拓也の初登板は酷だった。
一軍打者に、振ってもらえない辛さ。

posted2017/02/13 07:00

 
広島・加藤拓也の初登板は酷だった。一軍打者に、振ってもらえない辛さ。<Number Web> photograph by Kyodo News

加藤拓也は、高校1年まではキャッチャーだった。投球の組み立てを磨く素地は持っていると言えるだろう。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 時刻は午後3時をとっくにまわっていた。

 日南・天福球場では、1時から続いていたフリーバッティングがようやく終わって、ホームベース付近で「ロングティー」が始まっている。

 このチームは、まあ、よく練習する。

 ほかのチームなら、帰り支度が始まる時分である。まだやるの? と、つい愚問を発したら、切り込み隊長・田中広輔から、陽に焼けた笑顔でウインクが返ってきた。

「そうですよ、ウチはこれからなんで」

 “やらされている感”がまるでない。

 野球の大好きな野球小僧たちが、何時になってもワーワー、ギャーギャー、歓声をあげながらバットを振り、ボールを打っている。雰囲気は、子供たちの草野球だ。

 夢中になって大好きな野球とからみ合って、いつの間にか強く、上手くなっていく。チームメイトたちが、本当の“仲間”になっている。

菊池涼介の「腹、立つな……」とめちゃ振り。

 ロングティー。

 スタッフがボールを上げて、それを選手たちが渾身のフルスイングで外野へ飛ばす。

 松山竜平が右翼99メートルのフェンスへダイレクトでライナーを当てると、今度は鈴木誠也のライナーがそのフェンスを軽々と越えて、さらに、189センチ115キロ、ドミニカからの育成選手・バティスタの大放物線が、その向こうにある室内練習場にかかっているシートの真ん中あたりを直撃して、昨年のカープV戦士たちがその雄大な軌道をあきれたように見送っている。

「腹、立つな……」

 とんがったプレーの菊地涼介の、搾り出すようなつぶやき。

 ぎりぎり、まわりに聞こえるように言っている。

 驚き、怒り、闘志、敬意、少しの嫉妬と、そして少しのあきらめ。

 いろんな思いがごちゃ混ぜになって、それでも次の番で、本気で140メートル向こうのシート直撃を狙った渾身の“めちゃ振り”が、この闘魂のセカンドの輝きに見えていた。

【次ページ】 ドラ1・加藤が初めてフリー打撃に登板したが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
田中広輔
加藤拓也
広島東洋カープ
慶應義塾大学

ページトップ