今日も世界は走っているBACK NUMBER

神野大地はマラソンでも神なのか。
五輪代表3人に勝利した異常な粘り。

posted2017/02/12 07:00

 
陸上長距離界に旋風を巻き起こす青学大。その象徴の1人である神野は卒業後も明確な結果を残している。

陸上長距離界に旋風を巻き起こす青学大。その象徴の1人である神野は卒業後も明確な結果を残している。

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph by

EKIDEN NEWS

 先頭のカルム・ホーキンス(イギリス)が優勝テープを切ってから間も無く、熾烈な2位争いをする集団がスタジアムに入ってきた。ケニアやエチオピアから来日した0.1秒を争う3人の精鋭だ。

 そのすぐ後ろ、ひときわ小さな神野大地(コニカミノルタ)が、必死の形相で集団を追いかけた。その神野の後方100m足らずで、2人のオリンピアンがもがく。両者共にリオ五輪代表、名実ともに日本のトップアスリートである。ほどなく、神野がストップウォッチのボタンを押しながらフィニッシュする。

 日本を代表するスピードランナー、大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)と設楽悠太(ホンダ)に“山の神”神野大地が土をつけた瞬間だった。

 第71回香川丸亀国際ハーフマラソンは、前日の記者会見からいつもと様相が違った。この大会は例年、「別府大分毎日マラソン」が同日開催となる。世界陸上代表選考会である通称「別大」には全国紙の陸上担当記者が集まる。しかし、今回ばかりは数名のベテラン記者が丸亀を選んだ。

大迫、設楽悠、村山の五輪ランナーに競り勝った価値。

 理由はただひとつ、男子ハーフマラソンの日本記録が10年ぶりに更新される期待が高かったからだ。とりわけ、アメリカに拠点を置き国内レースを走る機会が少ない大迫への注目度は高かった。レース出場もリオ五輪以来とのこと。日本人初の「ハーフマラソン60分切り」の可能性さえあったのだ。

 レース中、テレビ画面に映し出される大迫の身体はシャープに絞られ、表情には緊張感が漂っていた。丸亀ハーフに向けて仕上げてきた証拠だ。もう1人のオリンピアン、設楽悠太の鼻息も荒い。レース半ばで脱落したが、10000mの日本記録保持者・村山紘太(旭化成)もリオ五輪代表である。

 つまり神野大地は、日本を代表するスピードランナー3人に勝利したのだ。

【次ページ】 神野のトラックのスピードは明らかに劣るが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ

ページトップ