フランス・フットボール通信BACK NUMBER

FIFAランク112位でベスト8へ下克上!
アイスランド代表・グンナルソンの伝説。

posted2017/01/17 11:00

 
FIFAランク112位でベスト8へ下克上!アイスランド代表・グンナルソンの伝説。<Number Web> photograph by PIERRE LAHALLE

アイスランドのチームを象徴するような闘志みなぎるプレーで、キャプテンとしてチームを力強く牽引したグンナルソン(左)。

text by

フィリップ・オクレール

フィリップ・オクレールPhilippe Auclair

PROFILE

photograph by

PIERRE LAHALLE

 いわゆる小国の躍進が目立ったEURO2016で、象徴的ともいえる存在となったのがアイスランド代表だった。

 2012年にはFIFAランキング112位に過ぎなかったアイスランドは、予選グループAでオランダ、トルコを抑えチェコに次ぐ2位でフランスでの本大会出場を決めると、そこでもポルトガル、ハンガリーに引き分け、オーストリアを破ってラウンド16に進出し、さらにはイングランドを下してベスト8にコマを進めたのだった。

 スターは誰もいない。全員がチームのために労を惜しまず戦う。そのコレクティブな精神とともに、アイスランドを有名にしたのがサポーターとの一体感だった。とりわけ試合後に選手とスタンドのサポーターが一緒になっておこなう“バイキング・クラップ”は、世界中に強烈な印象を与えた。

 『フランス・フットボール』誌の2016年を締めくくる号(12月20日発売)で、フィリップ・オクレール記者がカーディフまで出向き、キャプテンであるアーロン・グンナルソン(27歳)の本音に迫った。

監修:田村修一

弱小国でも勝てる、と僕らは証明した。

――EURO2016で最も印象的なシーンのひとつが、アイスランド代表の母国への凱旋風景でした。どんな思い出がありますか?

「言葉で表すのは難しい。たぶん誇りだろうか……。EUROに出場した誇り。僕らのような小さな国が、オランダ(2勝)とチェコ(1勝1敗)を破って本大会に到達した。それだけでも驚くべき偉業だ。プレッシャーはまったく感じなかった。ところが大会に入って最初の練習でファンの視線を浴びて『畜生、身体が重いぜ』となった(笑)。

 初戦のポルトガル戦に引き分けた(1-1)後のことを覚えているかい。まるで何万光年の彼方にまで行ってしまった気分だった。先制されても決して諦めなかった。それが長年培われてきた僕らのメンタリティであるからだ。弱小国であっても戦術的によく組織され、11人対11人の戦いになれば何かができることを僕らは証明した」

――誰もがそう言いますが、違いは、あなた方はそれを実際に実現したわけで……。

「違いは僕らがそれを本当に信じたことだ。サプライズを起こせる確信があった。選手はひとりの例外もなく、自分に何が求められているかを理解していた。誰ひとりとして、あの大会を個人のアピールの場とは考えなかった。国のために戦う。そして一緒に行けるところまで行く。『一緒に』というのは、サポーターとともにということでもあった」

【次ページ】 決勝ゴールを決めて、スタンドに走っていくと……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
アーロン・グンナルソン

ページトップ