欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「今一番欲しいのは代表のスタメン」
南野拓実は何に悩み、何を目指すか。

posted2017/01/14 11:30

 
「今一番欲しいのは代表のスタメン」南野拓実は何に悩み、何を目指すか。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

1月16日で22歳になる南野拓実は、抱えている危機感を隠そうとはしない。上へ行く、という強い意志がそうさせるのだろうか。

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 昨年末。ありきたりで、使い古された質問であることは承知の上で、まず訊いてみた。

 南野選手にとっての2016年を、漢字一文字で表すと?

 メダル獲得が期待されたリオ五輪では、グループリーグ敗退。ザルツブルクではレギュラーの座を失った。だから、「悔」や「不」のような、ネガティブな意味を含んだ文字が返ってくると予想していた。

 ところが、目の前に座る南野拓実の表情は、意外なほど明るかった。数秒考えた後、一文字が決まった。

「変化の『変』、ですね。五輪で負けて、クラブでは試合に出られない時期が続いて、そのときに何をするべきかってことを自分なりに考えてきました。まだ変化している途中なんですけど、そのための一歩を踏み出したのが、2016年だと思います」

 クールな見た目とは裏腹に、負けず嫌いの塊のような男である。2016年の経験が、悔しくなかったはずはない。

サッカーで負けた分は、サッカーでしか取り返せない。

「練習がしたいです。休みはいらない。チームに帰って、バリバリやりたいです」

 これはグループリーグ敗退に終わったリオ五輪直後、報道陣から「今、一番したいことは?」と問われた際の言葉である。

「僕は性格的に、サッカーで負けた分は、サッカーでしか取り返せないと考えるんです。サッカーに関して不安があるとしたら、サッカーでしかその不安は取り除けない。子供の頃から、負けたらすぐに練習していた。プロになってからは、うまく自分の感情をコントロールできるようになったし、『1日練習しただけで、急に上手くなったり、下手くそになるわけではない』と考えられるようになったけど、あの五輪の場合は……。グループリーグを突破できなかったことが本当に悔しかったし、それは僕の力不足でしかない。あの悔しさを拭い去るには、個のレベルアップしかないと思ったので」

【次ページ】 監督に直接聞いた「俺には何が必要なのか」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
南野拓実
レッドブル・ザルツブルク
オスカル・ガルシア

ページトップ