月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。
サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。

posted2016/11/30 17:30

 
プチ鹿島“まさか”の11月見出し大賞。サンスポ「TRUMPで勝つ ハリル日本」。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

日刊スポーツ、スポニチなどは当然1面がトランプ当選の記事だったが、デイリーは……やっぱり阪神だった!

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 今年は「まさか」の年。

 SMAPだ、清原だ、「こち亀」連載終了だ、といろいろあったけど、「まさか」のクライマックスが今月ついに。

 まず11月8日の時点の紙面をみてみよう。

「やっぱりヒラリー氏優勢 米大統領選あす投開票」(日刊スポーツ)

「やっぱり」というのが今回の大統領選を象徴してる。いろいろあったけど……まあ……ね、という。

 しかし、「まさか」は勃発したのである。11月10日のスポーツ紙1面はこれ。

「エラいこっちゃ!! 米新大統領 トランプ氏 世界が動揺」(日刊スポーツ)

「米大統領選勝っちゃった ガガ深夜の絶叫 トランプ氏『嫌い』」(スポーツニッポン)

混乱の最中には、「東スポ」を読んで落ち着こう。

 1面が大騒ぎなら、この日の芸能面も混とんとしていた。

「野沢直子『アメリカ人はバカ。ブラジルに引っ越す』」(スポーツ報知)

 という記事があれば、

「トランプつながりで大変光栄。お会いして、私のマジックを披露してみたいです。トランプマン」(各紙)

 という記事があり、日刊スポーツではその横に、

「仮面ライダー殴られる」

 という見出しもあった。各所で大変なことが起きていたのである。

 ちなみに「仮面ライダー」の件は、かつてシリーズで主演した俳優、椿隆之が東京・中野区でゴルフクラブで殴られてけがをした、というもの(26日にブログで退院報告)。

 ああ、こういうときは「東スポ」をみて落ち着こう。米大統領選の結果が判明した日の見出しは、

「消滅 横綱会 八角理事長VS貴乃花親方連合」

 よくみると「消滅」の横にはちいさく「危機」という文字があった。こちらは平常運転だ。

【次ページ】 サンケイが仕掛けた、「T」から始まるキーワード!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ドナルド・トランプ
ヒラリー・クリントン
ピコ太郎
糸井嘉男
原口元気
ヴァイッド・ハリルホジッチ
レディー・ガガ
安倍晋三

ページトップ