JリーグPRESSBACK NUMBER

ファジアーノのDNAが花開いた瞬間。
勝ち点差19を覆した「最後の5分」。

posted2016/11/28 17:00

 
ファジアーノのDNAが花開いた瞬間。勝ち点差19を覆した「最後の5分」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

下馬評では不利と言われながらプレーオフ決勝に進んだファジアーノ岡山。シーズン6位からの逆転昇格なるか。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 これは、単なる下剋上ではない。

 どのチームもできなかったことを、ファジアーノ岡山はやってのけた。

 11月27日に行われたJ1昇格プレーオフ準決勝で、リーグ戦6位のファジアーノは同3位の松本山雅FCを2対1で撃破した。シーズン中の順位で劣るファジアーノは、引き分け以下に終わると決勝へ進出できない。彼らは勝つしかなかった。しかも、舞台はJリーグでも屈指の熱狂に包まれる松本山雅のホームである。長澤徹監督とその仲間たちに課せられたミッションは、かなり厳しいものだった。

 不安材料はもうひとつあった。

 J1昇格プレーオフのような短期決戦は、それも一発勝負のトーナメントでは、“勢い”が重要だと言われる。とりわけ順位が下のチームが90分以内で勝利するには、プラスアルファとしての勢いが欠かせない、と。

 過去の昇格チームはどうだったのか。

 '12年のプレーオフをリーグ6位で制した大分トリニータは、シーズン終盤の8試合を4勝1分3敗で終えた。目覚ましい勢いをつかんだわけではないものの、残り3試合に限れば2勝1分である。チーム状態は悪くなかったと言えるだろう。

 '13年の徳島ヴォルティスは、3勝2分け3敗の五分の成績だった。ただ、残り3試合に限れば、大分と同じ2勝1分である。

 '14年のモンテディオ山形は、ラスト8試合を5勝3敗で乗り切った。残り3試合は2勝1敗である。

 '15年のアビスパ福岡は、プレーオフに圧倒的な勢いを持ち込んだ。31節から12試合負けなしでシーズン終盤を駆け抜け、35節からは8連勝を飾っている。

シーズン最後の8戦は、4分4敗と絶不調。

 ファジアーノは対照的である。

 10月2日に行なわれたFC岐阜戦を最後に、8試合連続で勝利から遠ざかっていた。ラスト8試合の成績は4分4敗である。ザスパクサツ群馬とのリーグ最終節は、3-0から同点に追いつかれてしまった。プレーオフに勢いを持ち込むどころか、勢いを失うような戦いをしていた。

 '12年に6位からの昇格を果たした大分は、3位との勝点差がわずかに3だった。同様に6位からJ1へ到達した'14年の山形は、3位との勝点差が4である。

 ファジアーノは違う。リーグ3位の松本とは、勝点で「19」もの開きがある。リーグ戦の対戦成績は1勝1分だったものの、簡単には埋めがたい力の差があったといっていい。

【次ページ】 先制するも、地力に勝る松本山雅に追いかれる展開。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ファジアーノ岡山
松本山雅

ページトップ