JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和でDF、代表では中盤の葛藤。
遠藤航が磨く「前で奪う」センス。

posted2016/11/25 11:30

 
浦和でDF、代表では中盤の葛藤。遠藤航が磨く「前で奪う」センス。<Number Web> photograph by AFLO

ルヴァン杯決勝ではPK戦で5人目のキッカーを務めるなど、遠藤には守備者のスキルだけでなく、ハートの強さがある。

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph by

AFLO

 ロシアワールドカップアジア最終予選サウジアラビア戦に向けた日本代表メンバーをヴァイッド・ハリルホジッチ監督が発表した際に、ひときわ目を引いたのがボランチの人選だった。これまでチームの中核に近い位置にいたキャプテンの長谷部誠(フランクフルト)と山口蛍(セレッソ大阪)に続いた名前は、永木亮太(鹿島アントラーズ)と井手口陽介(ガンバ大阪)だったからだ。

 これまでハリルホジッチ監督は、多くのゲームで柴崎岳(鹿島)や柏木陽介(浦和レッズ)、大島僚太(川崎フロンターレ)などゲームメークに長ける選手を1人は選出してきた。それが今回は、どちらかと言えばボール奪取力に長所を持つタイプがズラリと揃ったからだ。

 そうした時に、1人の名前がさらなる候補として浮かび上がる。今年のリオデジャネイロ五輪でキャプテンを務め、ボランチの絶対的なレギュラーとして君臨していた遠藤航(浦和)だ。クラブで3バックの中央を任せられているだけに、その守備力に疑いの余地はない。それだけに、今後もハリルホジッチ監督がボランチに守備力のある選手を求め続けていくならば、メンバー入りの有力な選択肢となるはずだ。

ハリルの“変心”は遠藤にとっても大きなチャンス。

 遠藤はこの最終予選、9月のUAE戦とタイ戦に向けたチームでは、追加招集とはいえメンバー入りを果たしていた。それだけに、ハリルホジッチ監督が「ラージグループ」と名付ける中に入っていることは間違いない。あとは、どれだけコアメンバーに近づいていけるかが彼にとっての勝負どころだと言える。遠藤本人も、ハリルホジッチ監督のメンバー選考の変化は自分へのチャンスが広がった面があると捉えている。

「4人のボランチに潰すタイプの選手が選ばれたということは、可能性がまた少しは自分に出てきたと思います。もちろん、自分もボールを奪えることをウリにしてやってきましたから。ケガなどがあればチャンスは急に来ると思うし、その時にすぐに結果を残せるだけの準備をやっていかなくてはいけないと思いますね」

【次ページ】 浦和では3バックのリベロ、代表は中盤という葛藤。

1 2 3 4 NEXT
浦和レッズ
遠藤航
長谷部誠
山口蛍
永木亮太
井手口陽介
ロシアW杯

ページトップ