F1ピットストップBACK NUMBER

なぜ今のホンダはF1で勝てない?
その根源的な答えが……出たかも。

posted2016/07/02 08:00

 
なぜ今のホンダはF1で勝てない?その根源的な答えが……出たかも。<Number Web> photograph by Getty Images

アロンソ、バトン共に、マシンは確実にパワーアップしているとコメントし続けている。あとは、結果のみなのだが……。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 伝説の扉が開かれたのは、いまから33年前のことだった。1983年7月14日から開催されたイギリスGPで、ホンダは第2期F1活動を再開させた。'68年に休止して以来、15年ぶりのF1復帰だった。

 復帰から2シーズンは苦しい戦いを強いられたホンダだが、3シーズン目となった'85年から徐々に戦闘力をアップ。4シーズン目の'86年にはついにウイリアムズとともにコンストラクターズチャンピオンに輝いた。

 その後、ホンダはマクラーレンとともに黄金時代を築き、第2期F1活動を休止する'92年までの間に、コンストラクターズ選手権で6回、ドライバーズ選手権でも5度頂点に輝いた。

 アイルトン・セナとアラン・プロストという稀代の名ドライバーを擁して、マクラーレンとともに成し遂げた16戦15勝という最高勝率は、いまなお塗り替えられることがないF1界の金字塔となっている。

「あの強いホンダは、どこへ行ったのか?」

 ホンダは2000年に第3期F1活動を再開。しかし、勝ったのは2006年のハンガリーGPの1勝だけ。2015年に復帰した後は、優勝はおろか表彰台にも上がっていない。

 ホンダが挙げた72勝のうち、69勝がこの第2期に記録されたものである。第2期がホンダだけでなく、F1界にとっても伝説の時代と言われるのは、そのためだ。

「なぜ、ホンダは勝てないのか?」

「あの強いホンダは、どこへ行ったのか?」

 こうした声を日本人だけでなく、海外のモータースポーツファンの間でもよく聞く。

「組んだ相手が悪かった」

「レギュレーションによって、ホンダのアドバンテージがなくなった」

「本田宗一郎と仕事した世代が抜けてしまった」

 答えもじつにさまざまだ。

【次ページ】 「(ホンダの)何が第2期と変わってしまったのか?」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アイルトン・セナ
アラン・プロスト
ジェイソン・バトン
長谷川祐介
フェルナンド・アロンソ
マクラーレン
本田宗一郎

ページトップ