欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ハリルホジッチのEURO決勝T談義。
「今大会にビッグチームはいない」

posted2016/06/30 17:00

 
ハリルホジッチのEURO決勝T談義。「今大会にビッグチームはいない」<Number Web> photograph by AFLO

現在の代表において、最も「ドイツらしい」ストライカー、マリオ・ゴメス。次戦は相性の悪いイタリアだが果たして……。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

AFLO

 EURO2016のラウンド16にはとても強い印象を受けた。大きな驚きがたくさんあったからだ。優勝候補と見られた3つの国の敗退、クロアチアとディフェンディングチャンピオンのスペイン、とりわけサッカーの母国であるイングランドがアイスランドに敗れたのはセンセーションだった。

 イングランド対アイスランド戦は、内容を見れば結果は順当だ。シンプルなスタイルのアイスランドには、ファンタジーも美しさもない。ロングボールを多用し、空中戦で力を発揮する。早めのクロスをあげてセカンドボールの戦いに勝ち、さらにパスを展開する。その攻撃に迷いはない。

 また守備も、低めにブロックを設定して、コレクティブかつひたむきに守る。その情熱とエネルギーは途切れることなく、90分間最後まで足が止まらなかった。

 天才もいなければビッグスターもいない。テクニックで違いを見せつける個の力もない。そんなチームが予選ではオランダを2度破り、グループリーグでトルコを撃破した後に、今またイングランドから劇的な勝利をあげた。

 彼らは相手をリスペクトしながら、自分自身も十分にリスペクトしていた。そしてサッカーはコレクティブなスポーツであることを改めて示してくれた。彼らの活躍には、私もとても満足している。

試合前から勝利を確信していたクロアチアの油断。

 ポルトガルに敗れたクロアチアには、心の緩みが見られたのが残念だった。優勝候補の筆頭に躍り出て、試合前から自分たちの勝利を確信しているように私には見えたし、何人かの選手には疲労の蓄積やコンディション不良がうかがえた。ラキティッチは少し疲れていたし、ペリシッチは集中を欠いていた。マンジュキッチは動きが重く、モドリッチはプレーの位置が低すぎて長く有効な攻撃を組み立てられなかった。

 クロアチアは選手の多くが準備に失敗したうえに、監督が試合中に適切な対処ができなかった。後半は少し良くなったとはいえ、その場で即座に対処しないと、1分の遅れが致命的なミスを生み出すこともある。

【次ページ】 スペインの何人かの選手を、私は容認できない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ

ページトップ