炎の一筆入魂BACK NUMBER

鈴木誠也は日本一の選手になれる。
前田智徳とも通ずる深い求道精神。

posted2016/06/09 14:00

 
鈴木誠也は日本一の選手になれる。前田智徳とも通ずる深い求道精神。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

高校時代は最速148キロの投手だった鈴木。50mを5秒8という俊足で、長打力もあるという図抜けた才能に加え、メンタルも強い。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 一時の勢いからやや下降気味の広島打線で、1人流れに逆らうように調子を上げている選手がいる。

 春季キャンプ中に右太もも裏痛のため開幕を二軍で迎えた、鈴木誠也。出遅れを取り戻すアピールを続け、競争激しい広島外野陣の一角を手中に収めようとする勢いだ。

 入団時から、高い潜在能力は高い評価を受けていた。高卒1年目に一軍昇格。2年目には36試合で打率3割4分4厘をマークした。「開幕1番」を任された昨季は、自己最多97試合に出場し、打率2割7分5厘、5本塁打、25打点。着実に階段を上がり、今季は主力としての第一歩として刻むシーズンと位置づけられる。

 だが、広島打線が猛打を奮ったシーズン序盤、鈴木は1人もがいていた。

この21歳は、普通の成績だと納得されない!?

 春季キャンプで成長を示し、実戦でも結果を残していた2月。22日に行われた起亜(韓国)戦で右太もも裏を痛め、離脱を余儀なくされた。動きが制限される日々を過ごし、シーズン開幕日に実戦復帰。1週間ほどで一軍に昇格して一定の結果を残したものの、本人の中には感覚にズレがあった。

 捉えたと思った打球がゴロとなり、フライとなった。離脱している間に結果を残した選手がチャンスをつかみ、開幕前、打撃のキーマンに挙げられた鈴木も競争の中に身を置いた。結果を残しても、次戦は先発から外れることもあった。打線に打率3割の選手が並ぶ中、5月中旬まで鈴木の打率は2割5分を行ったり来たり……。打席へ向かう際に目に入る、電光掲示板の自分の成績が「情けなかった」。

 能力の高さは誰もが認める。

 緒方孝市監督は「いずれトリプルスリーを達成できる」とその才能に惚れている。他球団の関係者が絶賛する声もしばしば耳にする。広島の春季キャンプを視察した小久保裕紀日本代表監督も「代表も右の外野手は手薄。僕以外のスタッフも注目している」と興味を示した。

 まだ21歳。

 一軍最年少野手にもかかわらず、もう“一定の結果”では周囲を納得させられない。

【次ページ】 「日本一の選手になれると思って見ているから」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
鈴木誠也
広島東洋カープ
山田哲人
前田智徳
落合博満
原辰徳

ページトップ