Number ExBACK NUMBER

小野伸二が語る“運命を変えた一戦”。
「プロサッカー人生でピークは……」

posted2016/05/12 07:00

 
小野伸二が語る“運命を変えた一戦”。「プロサッカー人生でピークは……」<Number Web> photograph by Yoichi Nagano

2014年から北海道コンサドーレ札幌に所属している小野伸二。天才少年と呼ばれた男はいま36歳になった。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Yoichi Nagano

 18歳でのサッカー・ワールドカップ出場は、いまだに日本人最年少記録である。

 小野伸二のサッカー人生は、日本サッカーの発展と軌道をほぼ同一にして、上昇曲線を描いていた時期がある。けがのために表舞台から一時、退くことはあったが、長らく日本サッカーの大黒柱の一人であり続けてきた。

 『NumberPLUS(「スポーツノンフィクション2016 運命を変えた一戦。」5月12日発売)』の取材で、久しぶりに小野伸二に会った。天才フットボーラーの20年にわたるサッカー人生を振り返るとともに、小野伸二というアスリートの「運命を変えた一戦」を描き出す取材だ。

 キャンプ地・沖縄と本拠地・北海道での二度にわたるロングインタビューで、小野伸二は自身のサッカー人生を振り返ってくれた。そして小野伸二と深いかかわりのある5人の関係者を取材してまわった。それは同時代に、サッカーを主な担当として雑誌『Number』を作っていた筆者にとっても、過去をさかのぼる旅になった。

18歳、レッズ加入間もない頃の天才少年。

 小野伸二を初めて取材したのは、1998年2月下旬。浦和市(当時)の大原サッカー場に、浦和レッズ加入まもない天才少年を訪ねた。

 とにかく明るい、が第一印象だった。20歳代半ばだった私も含めて取材スタッフが若かったせいか、小野はリラックスした雰囲気で、「フランス・ワールドカップ、出たいですよね」というようなコメントを発していた。

 インタビュー後の撮影でも、芝生に寝転んだカメラマンを飛び越えるというリクエストに笑顔で応じてくれた。

 その後、Jリーグ開幕戦での先発デビュー&フル出場、日本代表デビュー、フランスW杯出場、と小野伸二は急カーブを描くように世界レベルの選手へと成長していった。翌1999年春、ナイジェリアでのワールドユース準優勝は、ひとつのピークだろう。

【次ページ】 小野のサッカーを一番変えた一瞬。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
小野伸二
シドニー五輪
オリンピック

ページトップ