“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

齊藤未月と神谷優太は17歳&18歳。
湘南の若手を伸ばす“チョウイズム”。

posted2016/05/13 17:00

 
齊藤未月と神谷優太は17歳&18歳。湘南の若手を伸ばす“チョウイズム”。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

神谷にアドバイスを伝え、ピッチ上に送り出すチョウ監督。厳しい戦いが続くリーグ戦だが、選手と監督の絆は強い。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 高校3年生の齊藤未月と高卒ルーキーの神谷優太。

 J1リーグで苦戦が続いている湘南において、将来のクラブを担う才能ある若手の存在が光となっている。

 過去を振り返ると、湘南は想像以上に”育て上手”なクラブだということが分かる。下部組織から有望な選手を抜擢したり、高卒、大卒ルーキーを起用するクラブは当然他にもある。だが、浦和、横浜FM、G大阪などの“ビッグクラブ”と言える大きなクラブや、J1にしっかり定着している中堅、さらに言うとJ2にあっても資金力のあるクラブとの環境を比較すると、湘南の環境が決して恵まれていないことは確かである。では、なぜ育成が上手いのか……。

“湘南フィロソフィー”で磨かれる選手たち。

 他のクラブでプレーしているビッグネームを移籍で獲得したり、大学や高校サッカーのスター選手を複数クラブと競合しながら獲得するのは、正直なところ厳しい。現実問題として、3度目となるJ1昇格から2シーズン目を迎えているが、戦力的にも降格候補に挙げられているくらいなのだ。

 そんな環境下で、「メイド・イン・湘南」のタレントたちが着々と育っているのは、クラブ全体として育成のビジョンが明確だからだろう。資金力での競争力がないのならば、自前の下部組織からの引き上げと、まだ有名でなく競合が少ない質の良い選手の発掘に注力し、彼らを積極起用し、立派な戦力に仕立て上げる。この“湘南フィロソフィー”に基づいた育成のサイクルで、齊藤と神谷の才能は今、磨かれようとしている。

 彼らの前にも、この“湘南フィロソフィー”が生み出した選手は沢山いる。

 菊池大介、遠藤航などは、湘南ベルマーレユース所属時からトップチームに抜擢され、その才能を確かなものにしていっていた。

【次ページ】 10番・菊池大介や遠藤航も見出された。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
齋藤未月
神谷優太
曹貴裁
チョウ・キジェ
菊池大介
遠藤航
亀川諒史
湘南ベルマーレ

ページトップ