サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

岡崎慎司100試合、中村俊輔98試合。
「あの人は本当に偉大な、大先輩」

posted2016/04/02 10:30

 
岡崎慎司100試合、中村俊輔98試合。「あの人は本当に偉大な、大先輩」<Number Web> photograph by AFLO

南アW杯、中村俊輔は途中出場でゴールを決めた岡崎慎司に祝福の声をかけた。2人の絆は今も続いている。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 岡崎慎司は、「記憶の人」よりも「記録の人」なのだろうか。

 3月29日のシリア戦に先発した岡崎は、日本代表の歴史のなかでフォワードの選手として初めて、100試合出場を果たした。本人の口から出てきたのはもちろん、感謝の気持ちとゴールを決められなかった悔しさだった。

「今日も結局ゴールを決められなかった。もっと頑張れということなのかな、と。ボクはたくさんの人の後ろ姿をみて、自分は頑張らないといけないと思ってここまで来ただけなので。本当にその人たちのおかげだと思います。

 でも結局、ゴールを決めれないことが多くて、満足できなくて、下手だからもっと上手くなりたいと、そのことだけを考えてここまで来た。それをこれからも続けたいです」

 日本代表の歴史をひもといても、100試合出場に到達したのは他に4人しかいない。岡崎は、代表にデビューした2008年10月9日のUAE戦以降、代表戦の実に86.2%に出場してきた。大きな怪我もなく、監督が代わっても試合に起用され続ける選手であり続けた。

 シリア戦で日本代表として97試合目の出場を果たした長谷部誠も、岡崎をたたえている。

「代表は、いつ呼ばれるかわからないのですから。自分もこれから100試合に到達するかもわからないですし。でも、岡ちゃんは100試合という数字だけではなくて、今までも大事な場面でチームを救うゴールを何度も獲ってきている。そういう意味で、貢献度は非常に高いと思います」

 岡崎はゴール数でも、48得点で歴代3位につけている。代表戦だけで15ゴールを決めた2009年には、国際サッカー歴史統計連盟から、その年の代表戦で最も多くのゴールを決めた選手として表彰を受けている。かつて、代表でのゴール数について「自分のこれまでの努力を教えてくれるもの」と語ったこともあった。

岡崎が毎年楽しみにする、「俊さん会」。

 ところで女子会、飲み会、歓迎会。この世に会と名のつく集まりはいくつもあるが、岡崎が毎年楽しみにしているのが、ヨーロッパのシーズンが終わって日本に帰国したときに行なわれる「俊さん会」だ。

 かつて日本代表で10番を背負った中村俊輔と、その会をセッティングしてくれる所属事務所のスタッフだけで行なう食事会のことだ。そこにいるプロサッカー選手は中村と岡崎だけ。それゆえに、中村を質問攻めにできる。

【次ページ】 「29歳になると、オカは消えていくだろうな(笑)」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
岡崎慎司
中村俊輔

ページトップ