錦織圭、頂への挑戦BACK NUMBER

1年中戦い続けてオフが2週間だけ!?
錦織圭、日本での休みに何をする。

posted2015/12/14 10:50

 
1年中戦い続けてオフが2週間だけ!?錦織圭、日本での休みに何をする。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

オフの間もテレビ番組収録、スポンサー関連イベント、そして「テニスの伝道者」としての普及活動が錦織を待つ。実際のところ、オフとは言い難いと思うのだが……。

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 世界8位で今シーズンを終えた錦織圭を待っていたのは、チャリティーイベントやエキシビションイベント、そしてテレビや雑誌の撮影やインタビューなどテニスコート以外である大量の仕事だった。

 オフシーズンに引っ張りだこということはスターの証で、そういった仕事をこなしながらツアーファイナル後は「2週間はテニスをやらない。今は体の回復がメイン」という過ごし方をしていたという。その間にもイベントなどではコートにこそ立ったが、その準備としてのトレーニングはしてこなかったという。

 完全オフというのは一流選手にとっても「けっこう不安」なことのはずだが、この約2週間が唯一のオフといえる期間だったから、来シーズンのために絶対に必要な休養とも言えた。

 休みをとるのもまたプロの仕事――それが決して簡単なことではないのだ、とも気付かされる2週間となった。

テニス以外の多くの仕事を楽しめるのか?

 テニス以外の仕事を心から楽しめるかどうかも、ストレスをためないため、さらにはテニスに好影響を与えるために大事なことなのだが、錦織はどうなのだろうか。有明コロシアムで行なわれた毎年恒例イベントの『ドリームテニス』で聞いてみた。

「撮影も楽しいのは楽しいですけど、緊張してしまう」という錦織。

「これ言っちゃダメなのかな……」と少し逡巡してから、どうやら頭の中で“OK!”と判断したらしく「でも、昨日の『炎の体育会TV』の収録は楽しかったです」と発言してくれた。さらに、“どうぞお楽しみに”という感じのチャーミングな笑顔までおまけにつけて、だ。

 それ以上は明かしてくれず、まだTV放映されてもいないので(12月11日現在)、どういう収録内容だったのかはわからないが、トップアスリートというのは意外と本職を土台にして〈遊ぶ〉ことが好きな人たちでもある。

 傍から見て多少ふざけ過ぎていると感じるような内容でも、目を輝かせていたりする。経験したことのないテーマを突きつけられれば、純粋に挑戦したいと感じているようだ――当然、その欲が強いからこそ彼らは超一流になったとも言える。

【次ページ】 フェデラー「プロは本気で遊ぶのが好きな人種」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
錦織圭
ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル

ページトップ