プロ野球PRESSBACK NUMBER

“隙あらば野間”はカープの投資だ!
緒方監督が野間峻祥に見る壮大な夢。

posted2015/11/27 10:10

 
“隙あらば野間”はカープの投資だ!緒方監督が野間峻祥に見る壮大な夢。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

野間がつける背番号37は、緒方監督が新人時代につけたもの。期待の大きさの表われともいえるのだが……。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

「隙あらば野間」

 そんな言葉がネット上に躍った。

 今季開幕前、広島は大きな期待をかけられていた。しかし、開幕直後から低空飛行。チームのカラーが見えない戦いが続き、3年ぶりBクラスという結果で幕を閉じた。

 期待が大きい分だけ、失望も大きい。最終戦終了後のマツダスタジアムは怒号に包まれた。

 今もなお、ネット上では緒方孝市監督に厳しいコメントが投げかけられる。そんな中、「隙あらば野間」という言葉を目にする。緒方監督がルーキーの野間峻祥を積極起用していたことを揶揄する造語らしい。当然ポジティブな印象よりも、ネガティブな印象の方が強い。

 1年目の選手に対する風当たりが強いのはなぜか。それは、緒方監督の寵愛を受けていたという勝手なイメージが先行しているせいだろう。

実際の成績は新人としては及第点なのに……。

 昨年のドラフトで緒方監督が「ひと目惚れした」と、早大・有原航平投手(日本ハム)を外した1位で野間峻祥が指名を受けた。1年目の今季は'06年に新人王を獲得した梵英心を上回る127試合に出場。170打数41安打1本塁打10打点8盗塁は、新人選手としては及第点の数字といえる。それでも非難を受けるのは、気の毒でならない。

 1度も二軍降格なく、一軍にフル帯同した。野間を一軍に置き続けたことで、外野陣の一軍二軍の選手入れ替えは滞り、見られたのは外国人選手の入れ替え程度。二軍にいた下水流昂や岩本貴裕、廣瀬純などの外野手たちに十分なチャンスが与えられたとは言い難い。

 そういう意味での弊害はあったかもしれない。

 途中出場の多い一軍よりも二軍で多くの打席に立たせた方がいいという声もあった。だが、それだけのポテンシャルが野間にはあると判断した。そして確かに「隙あらば野間」を起用した。

 今季限りで現役を引退した東出輝裕はシーズン中に、野間の起用法に理解を示していたひとりだった。

「ああいう高い能力を持った選手は一軍でプレーさせた方がいい。ひとつのきっかけで伸びることもあるし、吸収する力がある」

 緒方監督の狙いも、まさにそこにあった。

【次ページ】いつまでも赤松の足に頼ってはいられない。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
緒方孝一
梵英心
下水流昂
岩本貴裕
広瀬純
東出輝裕
赤松真人
広島東洋カープ
野間峻祥

ページトップ