プロ野球亭日乗BACK NUMBER

プレミア12で見えた「エースと4番」。
収穫アリの個人、物足りないチーム。

posted2015/11/27 10:30

 
プレミア12で見えた「エースと4番」。収穫アリの個人、物足りないチーム。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

オフには渡米してのトレーニングが通例になっていた筒香嘉智。彼がさらに活躍すれば、後を追う者も増えるかもしれない。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 敗れても収穫は確実にあった。

 まさかの準決勝敗退で、最終的には3位に終わったプレミア12の侍ジャパン。2年後に迫る第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて、チームとして大きな課題を残す結果となった。

 しかし、一方で出場した選手個々に目を向けていくと、この大会を通じてWBCに大きな期待を抱かせる収穫があったのも、また真実だった。

 象徴的だったのは、第1戦と準決勝で先発した大谷翔平投手(日本ハム)の力投だった。

 大谷は今大会では前田健太投手(広島)とともに、チームの両輪を支える先発として起用された。いずれも韓国を相手に2試合13回を投げて3安打21奪三振で無失点。防御率0.00という数字は、期待をはるかに上回る結果だったと言えよう。今大会ではエース格だった前田が、このオフにもポスティングでメジャーに移籍する可能性が高く、2年後のWBCでは侍ジャパンへの参加が不確定というのが現状である。

 ならば次のエースは一体、誰なのか? その答えを示してくれた圧巻のピッチングだった。この大会で前田からエースのバトンをしっかり受け継いだ、といえる活躍だったわけである。

4番候補には筒香が敢然とアピール。

 一方、不在と言われた4番候補に一気に名乗りをあげたのが、筒香嘉智外野手(DeNA)だった。

 小久保裕紀監督の就任以来、一貫して「4番は中田」と指名を受けてきた中田翔内野手(日本ハム)だったが、代表で4番を任された成績は12試合で48打数7安打1本塁打の打率1割4分6厘と低迷していた。

 そこで今大会では、これまでは怪我などで代表に縁がなく今回が国際大会初招集となった中村剛也内野手(西武)を4番に据えてスタート。ところがこの中村がベネズエラ戦で右足太ももを痛めたことで、4番に座ったのが筒香だった。

【次ページ】 アメリカ戦の活躍で、4番筒香は誕生した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
筒香嘉智
秋山翔吾
中村晃
小久保裕紀
プレミア12
WBC

ページトップ