JリーグPRESSBACK NUMBER

ACLで広州恒大に敗れ続けるJリーグ勢。
日韓が中国への経由地になる日は?

posted2015/10/23 11:50

 
ACLで広州恒大に敗れ続けるJリーグ勢。日韓が中国への経由地になる日は?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

キャプテンの遠藤は「(前回優勝した時より)今の方が安定して戦えている。国内のタイトルへ全力で切り替えたい」とコメント。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 またしても、広州恒大の壁を破れなかった。

 21日、アジアチャンピオンズリーグ準決勝第2レグが万博競技場で行われ、ガンバ大阪は広州恒大とスコアレスドローに終わった。結果、2試合合計スコア2-1でJリーグ勢7年ぶりの決勝進出はならなかった。

 近年、Jリーグ勢は幾度も、この中国の不動産王が所有するクラブの餌食になっている。

 今大会は、グループリーグで鹿島アントラーズが1勝1敗、準々決勝で柏レイソルが敗れ、そしてガンバ大阪までも敗れ去った。

 前回大会では、横浜F・マリノス、セレッソ大阪が後塵を拝し、2013年には今回のガンバ大阪同様、ベスト4入りを果たした柏レイソルが敗れた。

 今やJリーグが手の届かない高年俸の外国人選手と、中国のトッププレーヤーで構成されたチームを、欧州・南米からやってきた有名指導者が束ねる。このチームにJリーグ勢は誰も勝てない。2010年に巨大な不動産グループ「恒大房産」に買収され、本格強化を始めたクラブにまったく勝てないのだ。

 筆者自身、日韓両国を往来しながら今大会を眺めてきた。結局、韓国のチームもこの強大なチームに勝てなかった。グループリーグでFCソウル、城南がともに1位、2位で勝ち上がりを決めたが、準々決勝で城南が敗れた。2013年にソウルが決勝で当たり、僅差で準優勝に甘んじたトラウマはまだ払しょくしきれていない。

 圧倒的な資本力に歯が立たない。

 この状況をどう捉えるべきか。

 ヒントを与えてくれるプレーヤーがいる。先日のガンバ大阪戦にも出場した、広州恒大の韓国人センターバック金英権(キム・ヨングォン/25歳)だ。

「韓国発日本経由、中国行き」の選手が躍動!

「ガンバはこれまでACLで対戦したチームのなかで一番手ごわかった。パスの精度、攻撃の組み立て方、そういった点で本当に苦しんだ」

 試合をこう振り返った金は、2012年からこの中国のビッグクラブでプレーしている。マルチェロ・リッピ、ファビオ・カンナバーロ、ルイス・フェリペ・スコラーリの下でレギュラーポジションを守り、その間、'13年のACLタイトル獲得にも貢献した。身長186センチとサイズが十分にありつつ、左足の正確なフィードが魅力のCB。時に左サイドバックでもプレーできるユーティリティを持つ。

 金について注目すべきは、そのキャリアにもある。「韓国発日本経由、中国行き」の道のりを、大きく成功させようとしているのだ。

【次ページ】 新しい世界に挑戦し、見事に成功した金英権。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
宇佐美貴史
広州恒大
パウリーニョ
レナト
エドゥ
エスクデロ競飛王
ファビオ・カンナバーロ
リカルド・グラール
ルイス・フェリペ・スコラーリ
キム・ヨングォン
柏レイソル
FC東京
大宮アルディージャ
アジアチャンピオンズリーグ
AFCアジアチャンピオンズリーグ

ページトップ