Number ExBACK NUMBER

“名鑑マイスター”中村憲剛が語る、
「現代最高のボランチ」とは誰か?

posted2015/09/10 11:00

 
“名鑑マイスター”中村憲剛が語る、「現代最高のボランチ」とは誰か?<Number Web> photograph by Asami Enomoto

毎シーズン欧州蹴球名鑑を熟読し、情報をインプットしているという中村憲剛。移籍にまつわる新情報から新戦力の起用法などを想像している、と語った。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

  今年も欧州サッカーの季節がやってきた。4大リーグの情報を完全網羅したNumber PLUS「欧州蹴球名鑑2015-2016」も発売を迎える。
  今シーズンの楽しみ方についてインタビューをすべく、中村憲剛のもとへと向かった。

 8月某日、午後練習を終えて川崎フロンターレのクラブハウスに引き上げてきた中村憲剛は、“気合い十分”だった――。

「今日はナンバーの分厚いほう(Number PLUS 欧州蹴球名鑑2015-2016)の取材ですよね? 任しといて。俺はサッカーオタクですから。あ、先に夜メシを食べておいたほうがいいかもしれないですよ。誰かが止めないと、朝までしゃべり続けますからね(笑)」

 予告どおり、インタビューは白熱した。欧州の新シーズン開幕直後は、チームバスでの移動中にも選手名鑑を熟読し、各チームの補強状況や監督の経歴を頭にインプットする。ピッチの中では日本屈指のプレーメーカーであり、ピッチを離れても「サッカーオタク」。そんな彼が語る欧州サッカーは、やはり深く、鋭い。特にバルセロナに関しては、中継されている試合はほぼすべてチェックしているから、なおさらだ。

「バルサは倒し方が全く思い浮かばない」

「今季のチャンピオンズリーグも、優勝候補の本命はバルサでしょうね。個人的には、史上初の連覇の可能性も、十分あると思います。あの3トップ(メッシ、スアレス、ネイマール)は強烈ですからね。僕はテレビでバルサの試合を観るとき、『どうやったらこのチームを倒せるか』を考えているんですけど、バルサに関しては倒し方が全く思い浮かばない(笑)。それくらい今のバルサは強いですね」

 職業柄、欧州サッカーをテレビで観戦する際には、自然とボランチやトップ下の選手に目が行くと言う。では、中村憲剛が考える「現代最高のボランチ」とは誰か。出てきた名前は、やはりバルサの中盤の底に構える、あの選手だった。

「ブスケッツです。第一にポジショニングが凄い。僕が『どうすればパスが回るか』『ボランチがここにいれば次の展開がうまくいく』と予測しながら見ていると、ブスケッツはすでに『そこ』にいるんですよ。攻撃でも、守備でも。僕はテレビでピッチ全体を映した画面を見ているから、ボールを回すためのポジションはわかりますけど、ブスケッツはその理想の位置に必ずいる。だから、ボランチを1人でこなせるんですよ。穴をつくらない。2人分をカバーできる。たった1人でボールをさばいて、なおかつ守れる。そんな選手はブスケッツだけですね。」

【次ページ】 ブスケッツがいるだけで出来上がる筋書き。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
中村憲剛
セルヒオ・ブスケッツ
シャビ・アロンソ

ページトップ