Number ExBACK NUMBER

藤浪晋太郎「ミスター・タイガース
よりも、阪神のエースと呼ばれたい」

posted2015/09/03 16:10

 
藤浪晋太郎「ミスター・タイガースよりも、阪神のエースと呼ばれたい」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

9月2日現在、藤浪の奪三振数172はセ・パ両リーグ通じてトップ。勝利数11もリーグトップタイ、自己最多タイ。自己記録更新がかかっている。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

  今季、3年連続で2桁勝利を達成。すでに11勝でハーラートップを走る藤浪晋太郎は、もはや阪神のエースと言うにふさわしい活躍を見せている。Number885号では、その藤浪自身が、“真のエース”の座を揺るぎないものにするために、その決意のほどを語ってくれた。

 インタビューは、8月20日に東京ドームで巨人の菅野智之と投げ合い、惜しくも1対2で敗れた翌日に行なわれた。

 プロの世界に入って年を経るごとに「1球の怖さ」を痛感しているという藤浪に、前日の試合を振り返って、「あの1球が大きかった」と思うのは? と尋ねてみると、次のような答えが返ってきた。

「やっぱり、最終回に先頭の小林誠司さんにデッドボールを当てたところ。ちょっと、もったいなかったですね。ここをしっかり抑えないといけないって力んでしまって、スッポ抜けてしまいました」

 四死球は、荒ぶるピッチングを武器とする藤浪にとって、諸刃の剣だ。とはいえ続く代打・橋本到のバント処理で自ら失策して傷を広げた。1番・立岡宗一郎にライト前へ運ばれ、無死満塁となったところで無念の降板となった。

飛躍のきっかけとなる1球があった。

 マウンドを降りる際、スタンドのファンから拍手とウェーブが贈られたように、この日の藤浪は気迫あふれる投球で8回まで12奪三振と、本領を十分に発揮していた。それだけに、文字通り「1球の怖さ」を思い知らされる結果になったのだ。

 だが、怖ろしさを知る1球があれば、飛躍のきっかけとなる1球もある。

 藤浪は今シーズンの「ベスト・ピッチ」として、5月14日のヤクルト戦(神宮)での1球を挙げた。

「何回だったかは忘れましたけど、ピッチャーの成瀬(善久)さんの打席ですね。キャンプからいろいろ試してきたことをやってみて、うまくハマッたというか。ピッチャーによってバッティングの良し悪しはありますけど、たまたま試すことができる場面だったので、やってみようと。これがきっかけになって、この打席でつかんだいい感覚を、意外といいなと思って、今でも続けています」

【次ページ】 江夏豊「藤浪が一皮むけた試合」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
阪神タイガース
藤浪晋太郎

ページトップ