欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア2戦目で得た確かな評価。
初得点の岡崎慎司が更に望むもの。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/17 11:30

プレミア2戦目で得た確かな評価。初得点の岡崎慎司が更に望むもの。<Number Web> photograph by AFLO

プレミア挑戦2試合目にしてゴールを決めた岡崎慎司。ブンデスリーガとは異なるスタイルのリーグに早くも適応すると同時に、得点を奪う能力の高さをファンに見せ付けた。

 62分、ピッチをあとにする岡崎慎司の姿に目を見張った。

 交代を告げられる直前まで漲っていたエネルギーのスイッチが切れたように、その姿からは、試合で受けたダメージの大きさが伝わってきた。

 前半の負傷時に治療のために使った止血剤だろうか? 汗で流れたのか、頭右半分がベットリと固まり、髪を白く染めている。しかしそれを気にする様子は一切ない。

 緑豊かなプレミアリーグのピッチでは、選手が泥だらけになるようなことはほとんど無いだろうが、泥臭い男の生き様がそこにはあった。

 無我夢中で戦い、持てる力を発揮した充実感を放っている。

29歳の岡崎に14億円、4年という高評価。

 8月15日。イングランドプレミアリーグ第2節。ウェストハム対レスター戦。岡崎はプレミア初ゴールでチームに先制点をもたらし、18年ぶりの開幕2連勝という大きな結果に貢献した。

 過去何度となく移籍先として報道されていたプレミアリーグ・レスターへの移籍話が現実化したのが6月25日。ドイツ紙で報道されたときには、すでに岡崎は英国へと渡っていた。翌26日にはクラブから正式な発表があり、「プレミアリーグでプレーするのが夢だった」という岡崎のインタビューも公式サイトに掲載された。

 移籍金は推定1000万ユーロ(約14億円)。4年という長期契約が結ばれた。マンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川真司の1500万ユーロには及ばないが、当時香川は23歳だったことを考えると、29歳プレミア初挑戦となる岡崎への高評価が理解できる。

「2年近く彼を見てきて、やっと獲得できた」とクラブのアシスタント・マネージャーがコメント。レスターにとっても願いが叶ったのだ。

「行ったことがないリーグで、イメージできないようなチームでやることに魅力を感じた。W杯やアジアカップで悔しい思いをしたので、もう1度苦しいところでもがいて、そこからチャンスを掴みたい」

 6月29日、契約を終えて帰国した空港で岡崎はそう話している。

【次ページ】 ドイツ移籍時と同じ気持ち、違う覚悟。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
レスター・シティ
岡崎慎司

ページトップ