セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

パウロ・ソウザがフィオを甦らせる。
「やつの試合はどれも退屈とは無縁」 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/17 10:40

パウロ・ソウザがフィオを甦らせる。「やつの試合はどれも退屈とは無縁」<Number Web> photograph by AFLO

ロンドンに乗り込んでチェルシーを撃破して見せたパウロ・ソウザのフィオレンティーナ。フィーゴ、ルイコスタと共にポルトガルの黄金時代を築いた印象も強い。

 猛暑が続くイタリアで、フィオレンティーナが夏を謳歌している。欧州の強豪たちをプレシーズンマッチで次々に撃破しているのだ。

 8月2日に、欧州の覇者バルセロナを本拠地アルテミオ・フランキに招いて2-1の金星を上げると、続く5日にはロンドンに乗り込んで、プレミア王者チェルシーに1-0で土をつけた。

 欧州スーパー杯を控えるバルサはFWメッシとFWネイマールを温存していたし、プレミアリーグ開幕戦直前だったチェルシーの先発はリザーブメンバーだったが、それでもフィオレンティーナのプレー内容が良かったことには変わりない。彼らは、大物を食った2連勝の前にもポルトガル王者ベンフィカを破っている。

 今季から就任した新監督パウロ・ソウザにとって、新シーズンへの手応えは上々だ。

「チームがだんだん強くなっているのがわかる。たとえテストマッチであっても、成果を出すのは重要だ」

ユーベ時代の印象が強いのか、ファンからは拒否反応も。

 オールドファンなら、パウロ・ソウザの名を聞いて、欧州を席巻した'90年代中盤のユベントスを思い出す向きも多いのではないか。

 '94年夏にイタリアへやってきたソウザは、パーマヘアを振り乱しながらボールを躍らせた。9年ぶりのスクデット獲得と翌年のCL優勝に決定的な役割を果たした。常勝ユーベの一員にふさわしい、職人肌の選手だった。

 彼は後にインテルやパルマでもプレーしたけれど、名将リッピの下で活躍した印象が強いせいか、ユーベを忌み嫌うフィレンツェの町で、パウロ・ソウザの就任に拒否反応を示す者が出たのも無理からぬ話だ。

「そう言われても、私は('97年にドルトムントの選手として優勝した)CL決勝で、ユーベを痛い目に遭わせたこともあるんだがな」

 新指揮官は就任会見でそう苦笑し、「支持してもらうには、結果を出すまでさ」と気負わず述べた。昨季、やはり指導1年目でバーゼルをスイスリーグ優勝に導いたとはいえ、戦術の国が新参監督に優しくないことは承知の上だった。

【次ページ】 攻撃サッカーは維持、ティキタカは捨てる。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
フィオレンティーナ
パウロ・ソウザ

ページトップ