F1ピットストップBACK NUMBER

ホンダに失望するのはまだ早すぎる!
マンセル、ピケが語る成功への時間。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/08/15 10:50

ホンダに失望するのはまだ早すぎる!マンセル、ピケが語る成功への時間。<Number Web> photograph by Getty Images

前半戦の締めくくりとなるハンガリーGPではアロンソが今季最高位の5位入賞。後半戦のホンダの巻き返しに期待したい。

「現代のF1は、マクラーレン・ホンダが栄光を勝ち取ったかつてのF1よりはるかに進化しており、強力なマシンを作り上げることは一層、難しくなっています。

 われわれも簡単ではないと予測して参戦しましたが、これほどまでに困難が伴うとは考えていませんでした」

 これは、今年F1に復帰したホンダの新井康久F1プロジェクト総責任者が、シーズン前半を終えた後に出した声明の一部である。

 '88年から5年間にわたってパートナーを組んだホンダとマクラーレン。

 初年度の'88年には16戦15勝を達成。勝率9割3分7厘は、いまだに破られていないF1の金字塔である。

 それだけではない。タッグを組んだ5年間で、彼らはドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権をそれぞれ4回ずつ制覇。まさにF1界を席巻し続けた。

 そのような輝かしい歴史があったため、今年復活したマクラーレン・ホンダの前半戦を終えたここまでのパフォーマンスに失望しているファンは少なくない。

マンセル「かつてのホンダも最初は失敗の連続だった」

 だが、かつてホンダとともに勝利を手にしてきた元チャンピオンたちは「ホンダの実力は、こんなものではない」と異口同音に語る。

 '85年から3年間、ホンダとともにウイリアムズでF1を戦ったナイジェル・マンセルは、こう言う。

「F1で成功を収めるのは、みんなが考えているほど簡単なことじゃない。そこには数知れない苦労と困難が伴う。それを忘れてはならない。

 '80年代から'90年代にかけて最強エンジンを作り出したホンダも、最初は失敗の連続だった。私は彼らがF1に復帰した2シーズン後の'85年から一緒に仕事を始めたが、その年ですら、前半戦ではまだ迷走状態にあった。

 たしかモナコGPだったと思うが、週末だけで5基のエンジンがブローしたんだから」

 この惨状に、ホンダは抜本的なエンジンの変更を決断。次戦カナダGPに新しいコンセプトで設計し直されたブランニューエンジンを1基だけ投入する。

 するとマンセルのチームメートだったケケ・ロズベルグがそれまでのシーズン最高位となる4位に入賞。続く、デトロイトGPでは優勝を果たした。

【次ページ】 勝利にはエンジン、マシン、タイヤのバランスが不可欠。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
ナイジェル・マンセル
ネルソン・ピケ
マクラーレン・ホンダ

ページトップ